応急危険度判定士とは、地震災害時に被災した建築物が余震で倒壊や転倒する危険性の有無を判定し、警告等を行う者をいい、二次的災害を防止することを目的としています。地震災害が発生した場合、被災地の要請により現地入りし、ボランティア活動で建物の危険度を判定します。

現在、市では市内在住の建築士による、応急危険度判定士のネットワークを形成しています。地震により被災地から判定士派遣の要請があった場合は、ネットワークを通じ協力可能な判定士を募って現地で判定活動をおこないます。
このネットワークへの参加を希望される方は、講習等必要な事項がありますので、お問い合わせください。