緑地保全

 都市化の進展により、緑地などの自然的環境が限られている本市にとって、河川沿いの斜面林や市内に点在する古木などは、市街地の良好な環境を保全するための大切な緑の資源です。市では、このような緑の資源を保護するために次のことを行っています。

【保存樹木等の指定及び助成制度】

 良好な緑の自然環境を保全するため、指定基準以上の樹木又は樹林を当該所有者と協議のうえ、樹木・樹林を保存樹木等として指定し、当該保存樹木等の管理費の一部を助成しています。

指定対象

樹木

(1)樹木の高さが10m以上
(2)地上1.5mの高さでの幹の周囲が1.2m以上

樹林

面積300平方メートル以上

助成金額

樹木

1本につき年額3,000円

樹林

300平方メートルにつき年額9,000円
1平方メートル増すごとに年額30円加算

手続き

都市計画課へご連絡下さい。

【ふれあいの森整備事業】

 市内に残された数少ない樹林地を、市が土地所有者から無償で借用し、市で管理を行うことで緑地の保全を目的とした事業です。また、樹林地内は散策路を整備し、市民が緑とふれあえる場としても提供しています。

保全面積
3件 4,289平方メートル(0.4ヘクタール)

保全地区

  • 柏町ふれあいの森
  • 市場ふれあいの森
  • けいおうふれあいの森

【みどりの基金積立事業】

 市内の貴重な自然環境である緑地の保全を進めるために、必要な土地の取得等に要する経費の財源に充てるため、市と市民が一体となって基金の積立てを行っています。

平成22年度末までの基金残高 41,387千円

市では、次の施設に基金箱を設置していますので、ご協力ください。

設置場所

  • 志木市役所5階都市計画課
  • いろは遊学館
  • 宗岡公民館
  • 志木駅前出張所
  • 柳瀬川駅前出張所

以上の5箇所に設置しています。