公立保育園の新型コロナウイルス感染症の発生状況について

志木市立西原保育園については、これまでに保育士1名及び園児2名の新型コロナウイルス感染症の感染が確認されたことから、2月12日(金曜日)から2月24日(水曜日)まで、臨時休園としております。

この間、保健所の指導のもと、2月13日(土曜日)に当該保育士との接触の疑いのある保育園職員18名に対し、県の拡大PCR検査が実施され、全員陰性でありました。

また、2月16日(火曜日)・18日(木曜日)・19日(金曜日)の3日間、既に感染が確認されている園児及びご家族の濃厚接触者に特定されている園児を除くすべての園児を対象に県の拡大PCR検査が実施され、その結果、園児3名の陽性が判明したほか、臨時休園期間中にご家族の濃厚接触者に特定された園児1名の陽性も判明いたしました。

しかしながら、当該園は、2月11日(木曜日・祝日)から開園しておらず、この間、保育士と園児、園児同士の接触の機会がないことから、当初の予定どおり2月24日(水曜日)までの間を、臨時休園期間といたします。

今後の対応について

  • 西原保育園の最終開園日である2月10日(水曜日)の翌日から起算して14日間となる2月24日(水曜日)までの間、臨時休園をし、引き続き、保育士及び園児の健康状態を注視させていただきます。
  • 2階に併設されている、西原子育て支援センターについても、同期間臨時休所いたします。
入力されたデータは、SSLプロトコルにより
暗号化されてサーバーに送信されます。