同じ世帯に「障害児通所事業所(児童発達支援事業・放課後等デイサービス)」を利用する児童が複数いる場合の上限額管理について、平成29年1月利用分から厚生労働省の事務処理要領に基づき、次のとおり改めることとしました。

変更内容

  1. 同一世帯に「障害児移所支援」を利用している児童が複数いる場合、それぞれの受給者証に利用者負担額、4,600円又は37,200円と記載されます。(これまでは、一方のみに記載し、他方は0円)
  2. 上限額管理事業者を設定して、管理します。

 上限管理の方法

  1. 複数のサービス事業を利用している場合の上限額管理と同様に、上限額管理事業者を設定します。
  2. 対象児童の保護者は、該当事業者に対し上限額管理を依頼します。
  3. 事業者は、「(複数児童用)利用者負担上限額管理事務依頼届出書」に必要事項を記載、押印し保護者に渡します。
  4. 市は届出書を確認後、事業者へ対象児童の利用事業を連絡します。
  5. 上限額管理事業者は、各月ごとに「(複数児童用)利用者負担額上限額管理結果票」を用いて上限額管理を行います。

結果票について

上限額管理事業者は、結果票を国保連へ送信せず、毎月10日までに市へ紙による提出をお願いします。

必要書類

(複数児童用)利用者負担上限額管理事務依頼届出書.pdf [101KB pdfファイル] 

(複数児童用)利用者負担額上限額管理結果票.xls [56KB xlsファイル]