第4期志木市地域福祉計画、志木市再犯防止推進計画、第2期志木市成年後見制度利用促進基本計画を策定しました     

市では、平成27年に『第3期志木市地域福祉計画』を策定し、一層の福祉のまちづくりを推進するべく、市、市民、関係団体がお互いの取り組みや連携の可能性を具体的に知り、足りないところを補い合い、市民力を活用し、助け合い、また、市が支援を行いながら自主的な取り組みをさらに発展させて参りました。

今回、令和元年度末に計画年度が終了することを受け、地域住民や地域の多様な主体が、さまざまな課題を『我が事』として捉え、地域に関わる人達が知恵と力を出し合い、『丸ごと』つながることで、地域とともに創っていく「地域共生社会」の実現を目指しています。このような中、子どもからお年寄りまで、性別や国籍、障がいの有無などにかかわらず、すべての人がお互いに地域つながることを目指して、この『第4期志木市地域福祉計画』を策定いたしました。

あわせて、今期の計画では、成年後見制度の利用促進が、地域共生社会の実現の一端を担うことから、成年後見制度利用促進基本計画を合冊して連動性を高めるとともに、県内初となる再犯防止計画を包含することで、安全で安心して暮らせる地域社会を構築してまいります。 

第4期志木市地域福祉計画の基本理念

みんながつながり、安心して自分らしく暮らせるまちの実現

基本目標

基本目標1、支え合いのあるまちづくり
基本目標2、誰もが必要なサービスを受けられ、自分らしい生活ができるまちづくり
基本目標3、安心・安全に暮らせるまちづくり

第2期志木市成年後見制度利用促進基本計画の基本理念

権利と利益を市民とともに守る福祉のまち 志木

基本目標

基本目標1、成年後見制度の地域連携ネットワークの構築等
基本目標2、制度理解と不正防止効果の向上
基本目標3、利用者がメリットを実感できる制度の運用

第4期志木市地域福祉計画 [4733KB pdfファイル] (令和2年度から令和6年度)

第4期志木市地域福祉計画 概要版 [6067KB pdfファイル] (令和2年度から令和6年度) 

入力されたデータは、SSLプロトコルにより
暗号化されてサーバーに送信されます。