養育支援訪問事業

子どもの養育に関して支援が必要であるにもかかわらず、適切な支援を受けることが困難な家庭に保健師、助産師、保育士、ヘルパーが訪問し適正な支援を行う事業です。
対象となる家庭については以下のとおりですが、養育についてお困りの方は、まずはご相談ください。

対象家庭

支援の対象となる家庭は、児童を養育する保護者が市内に居住し次のいずれかに該当した家庭です。
1 保護者の心身の疾病、障がいにより、児童が良好な環境で生活することができない家庭
2 育児ストレス等により子育てに対して不安、孤立感を抱える家庭 
3 虐待のおそれ等養育上の問題を抱える家庭
4 児童養護施設等の入所、退所等に伴い、安定した日常生活を維持することができない家庭