地方自治法第199条の規定により、市の財務に関する事務や事業が、適正に行われているかどうかについて評価をするものです。その年の4月1日から9月30日までの間の全ての収入支出や事務処理の状況について、毎年1回必ず行うことが義務付けられており、市では11月に、7日間にわたって行っています。その結果については、「定例監査報告書」を作成して、公開しています。

入力されたデータは、SSLプロトコルにより
暗号化されてサーバーに送信されます。