選挙人名簿

選挙人名簿とは、選挙の公正をはかるために作られる名簿で、選挙権のある人をあらかじめ登録しておき、投票のときに投票に来た人の選挙権の有無を確認するものです。
選挙権があっても、この名簿に登録されていない人は投票できません。

登録の資格

次の3つの要件を満たしていることが必要です。

  • 満18歳以上の日本国民であること
  • 住民票が作成された日(転入の届出をした日)から、引き続き3か月以上住民基本台帳に記録されていること。
  • 欠格者(公民権が停止されている人など)でないこと

登録

  • 定時登録
    毎年3月、6月、9月、12月が登録月となっています。基準日及び登録日は原則、登録月の1日となっています。
  • 選挙時登録

選挙のつど、基準日と登録日を定めて登録します。 

  • 補正登録

資格がありながら、登録されていないことが判った場合に登録します。

  • 在外選挙人登録

海外に住んでいる日本国民でも、在外選挙人登録をすれば、国政選挙について海外から投票できます。

閲覧

選挙人名簿の閲覧は、選挙期日の公示または告示の日から選挙の期日後5日に当たる日までを除き、平日の午前8時30分から正午までと午後1時から午後5時15分までの間で行うことができます。
ただし、事務に支障がある場合や閲覧の申請が競合する場合には、閲覧を制限することがあります。