市内で見る事の出来る野鳥一覧

1.カイツブリ(カイツブリ科 留鳥 約26cm 見られる地域:柳瀬川・荒川)カイツブリ

市内を流れる荒川や柳瀬川などでほぼ1年を通して見られます。アシやマコモなどの水草の間に円い浮き巣をつくりますが、市内には巣づくりに適した環境は少ないようです。潜るのが得意で、水中の小魚やエビなどを捕って暮らしています。「ケレレレレレッ」と鳴きます。 

 

2.カワウ(ウ科 留鳥 約82cm 見られる地域:柳瀬川・新河岸川・荒川) カワウ

朝夕、市内の上空を群れで飛ぶ姿が見られます。全身ほぼ黒ずくめの大きな水鳥で、鉤(かぎ)になり、竿になり群れ飛ぶ姿は、新河岸川や柳瀬川でもよく見られます。ほとんどが、上野の不忍池にあるコロニー(集団営巣地)からやってくるものと思われます。

 

 3.ゴイサギ(サギ科 留鳥 約57cm 見られる地域:柳瀬川・新河岸河) ゴイサギ

柳瀬川沿いの田んぼや新河岸川で見ることができます。写真は成鳥ですが幼鳥は全体が茶色で白い斑点がありまったく違った鳥に見えます。夕方や早朝に魚やザリガニなど捕っています。 

 

4.アマサギ(サギ科 夏鳥 約50cm 見られる地域:荒川・柳瀬川)アマサギ

荒川の河川敷や柳瀬川沿いの水田地帯で春から秋口にかけて、時おり姿を見る事ができます。シラサギの仲間ですが、夏が近づくと、頭から胸、背中が淡いオレンジ色になります。主にバッタやイナゴなどの昆虫類を食べますが、ときどきカエルなども捕っているようです。 

 

5.アオサギ(サギ科 留鳥 約93cm 見られる地域:荒川・柳瀬川)アオサギ

柳瀬川や荒川の水田地帯で一年を通して見ることができます。日本のサギ類の中では最も大きく翼を広げると160cmにもなります。飛んでいるときに「グワァー」「グア」と大きな声で鳴きます。夕方から朝まで魚やカエルなどを捕って食べます。 

 

 

 

 

 

 

6.コサギ(サギ科 留鳥 約61cm 見られる地域:柳瀬川)コサギ

市内で1年を通じて見られるシラサギの仲間です。他のシラサギと違って、足の指が靴下をはいたように黄色いのが特徴です。柳瀬川で、カエルやザリガニを上手に捕っている姿をよく見かけることができます。ゴイサギやアマサギなどと一緒にコロニー(集団営巣地)をつくりますが、市内では確認されていません。

 


 

7.チュウサギ(サギ科 夏鳥 約68cm 見られる地域:柳瀬川・荒川)チュウサギ

春から夏に柳瀬川沿いの水田地帯で見ることができます。大きさはコサギとダイサギの中間ですが、嘴はコサギよりも短く、色は黄色で先端は黒い。カエルやトカゲなどのほか、昆虫類も捕って食べます。 

 

8.ダイサギ(サギ科 夏鳥 約90cm 見られる地域:荒川)ダイサギ

シラサギの仲間には、アマサギ、コサギ、チュウサギ、そしてダイサキの4種がいます。そのなかで最も大きいのがこのダイサギです。春から秋にかけて、少数を市内の河川や水田地帯で見ることができます。時として冬を越すものもいるようです。魚やカエルを捕って暮らしています。

 

 

9.マガモ(ガンカモ科 冬鳥 約59cm 見られる地域:柳瀬川・新河岸川)マガモ

比較的大きなカモで、秋から冬にかけて荒川の取水堰(せき)上流で主に見られます。オスの頭が緑色に輝くことから”アオクビ”とも呼ばれています。鳴き声は「グェーグェーグェッ」。マガモを人工的に飼育、改良したものがアヒルです。   

 

 

10.カルガモ(ガンカモ科 留鳥 約60.5cm 見られる地域:柳瀬川・新河岸川・荒川)カルガモ

市内の河川や水田地帯で1年中見ることができます。巣は水辺の草むらやアシの茂みの中の地面につくり、初夏には市内でも親子連れの姿を見かけることがあります。主に水草や草の種子などを食べて暮らしています。 

 

 

 

11.コガモ(ガンカモ科 冬鳥 約37.5cm 見られる地域:柳瀬川・新河岸川・荒川)コガモ

日本のカモの仲間では最も小さく、冬鳥といっても9月初旬には市内の河川や湿地に姿を見せ始め、5月頃までとどまっているものもいます。オスは頭が茶色で目の周囲は緑色をしており、「ピュウ、ピュウ」と口笛のような声で鳴きます。

 

12.ヒドリガモ(ガンカモ科 冬鳥 約48.5cm 見られる地域:柳瀬川・新河岸川) ヒドリガモ

秋から冬にかけて、柳瀬川で多く見ることができます。オスの頭部は美しい赤茶色で額から頭頂部に黄色が入っています。餌は主に草の種子で、ヤゴやタニシも食べています。「ピュー、ピュー」と聞こえる鳴き声が特徴的です。

 

13.オナガガモ(ガンカモ科 冬鳥 オス約75cm メス約53cm 見られる地域:柳瀬川・新河岸川) オナガガモ

ヒドリガモと同じように柳瀬川で多く見ることができます。オスの尾羽根は長くとがっています。

 

 

 

14.ハシビロガモ(ガンカモ科 冬鳥 約50cm 見られる地域:柳瀬川・新河岸川)ハシビロガモ

ハシビロガモは、その名の通り嘴(くちばし)が大きく、シャベルのような形をしています。オスは頭部が緑色で胸は白く、脇腹のオレンジがよく目立ちます。餌のプランクトンやウキクサを大きな嘴で吸いこむようにして食べます。  

 

15.チョウゲンボウ(ハヤブサ科 留鳥 オス30cm メス33cm 見られる地域:荒川)チョウゲンボウ

ハトぐらいの大きさのタカの仲間で、小鳥やネズミなどを食べて暮らしています。本来は断崖のへこみで子育てしますが、近年では都市部のビルのくぼみ、橋げたなどを利用してこそだてするものが現れています。志木市内での繁殖は確認されていませんが、周辺部では繁殖しており、荒川河川敷や柳瀬川付近では、ほぼ1年を通じて見ることができます。
 

16.キジ(キジ科 留鳥 オス約81cm メス約58cm 見られる地域:柳瀬川・荒川)

荒川の河川敷、柳瀬川沿いの農耕地周辺で見られます。日本の国鳥に指定さキジれています。オスは光沢のある緑色の体で顔は赤。鳴き声も「ツケーン」とかん高く、大変迫力があります。餌は種子や葉、昆虫などです。

 

17.コチドリ(チドリ科 夏鳥 約16cm 見られる地域:柳瀬川)コチドリ

春先から秋口にかけて河原や造成地、農耕地などで見られます。「ピォピォ、ピピピピピューピュー」という鳴き声を、春先よく耳にする事ができます。目の周囲に金色のリングがある可愛いチドリです。

 

 

18.イカルチドリ(チドリ科 留鳥 約21cm 見られる地域:柳瀬川)イカルチドリ

柳瀬川ではほぼ一年中見ることができ、高橋と栄橋の間の中洲では時に数十羽が羽を休めています。ただ砂礫地と同じ色で見つけにくく、一羽を見つけると次々に見つかります。胸の黒い帯びはコチドリより細く色が薄くて、全体はいかつい感じがします。

 

19.タゲリ(チドリ科 冬鳥 約32cm 見られる地域:柳瀬川・荒川)タゲリ

秋冬に柳瀬川付近の苅田で見ることができます。ハトぐらいの大きさの非常に美しい鳥です。数羽から数十羽の単位で行動し、飛ぶ時は「ニャオー、ニャオー」と猫のような声で鳴きながら、列をつくらずに好きなようにひらひらと乱舞します。農地の埋立などによって年々訪れる数も減少しています。

 

 

 

 

20.イソシギ(シギ科 留鳥 約21cm 見られる地域:柳瀬川・荒川)イソシギ

荒川や柳瀬川、黒目川でほぼ1年を通じて見ることができます。水際をすばやく歩いて昆虫などの餌を捕ります。時々尾を上下に振るのが特徴的です。秋から冬にかけて南へ移動するものもいて、7月から9月、市街地でも夜空を「チリー、チリー」と鳴きながら移動する声を耳にすることもあります。 

 

 

21.タシギ(シギ科 冬鳥 約26cm 見られる地域:柳瀬川・荒川)タシギ

柳瀬川や荒川の水田地帯にいて、人が近づくと驚いて飛び立ちます。柳瀬川の高橋と栄橋の間の中州では比較的ゆっくり観察することができますが、別名「田の忍者」といわれるように枯れ草と同色で見つけにくいです。長い嘴を泥の中に差し込んでミミズや貝などを食べます。

 

22.ユリカモメ(カモメ科 冬鳥 約40cm 見られる地域:柳瀬川・新河岸川・荒川)ユリカモメ

白い体に赤い嘴(くちばし)と足の可愛らしいカモメです。市内の新河岸川や柳瀬川沿いを優雅に舞う姿を見ることができます。近年、市内でもその数が増えており、一見喜ばしいことのように思えますが、人間の捨てたゴミや魚の死体なども好んで食べる鳥で、河の汚れを示す指標になる事を忘れてはいけません。

 

23.セグロカモメ(カモメ科 冬鳥 約61cm 見られる地域:柳瀬川・新河岸川)セグロカモメ

柳瀬川や新河岸川の上空を飛んでいるひときわ大きなカモメです。柳瀬川ではよくコイの死骸をつついて食べています。背中はうすい灰色で嘴の下に赤い斑があります。

 

 

 

24.キジバト(ハト科 留鳥 約33cm 見られる地域:市内全域)キジバト

市内どこでも1年中見ることができる最も身近な野鳥の一種です。公園や神社などにいるドバトは飼いバドが野生化したものです。かつてはなかなか見られない鳥でしたが、狩猟禁止地域の広がりとともに人目につくような所にも生息するようになりました。市内の人通りの多い街路樹にも巣をつくり、「デデッポー、デデッポー」と鳴いている姿をよく見かけます。

 

25.カッコウ(カッコウ科 夏鳥 約35cm 見られる地域:柳瀬川・荒川)カッコウ

キジバトほどの大きさの夏の代表的な野鳥です。カッコウというと一般的には高原をイメージしますが、荒川河川敷や柳瀬川流域では、5月中旬頃からその声と姿を確認することができます。カッコウには、他の鳥の巣に卵を産み、ヒナを育てさせる托卵(たくらん)の習性があり、オオヨシキリ、モズ、ホオジロ、オナガなどがその対象です。 

 

26.カワセミ(カワセミ科 留鳥 約17cm 見られる地域:柳瀬川・新河岸川)カワセミ

河川や大きな池や沼にすんでいる鳥で、市内では柳瀬川や新河岸川などの水面すれすれを「チィー」と鳴きながら飛ぶ姿を時おり見ることができます。魚捕りの名人で、空中にとどまり、突然水の中に急降下し、魚をくわえて戻ってきます。翡翠(ひすい)色の体とコバルトブルーの背中が、水辺で陽光に輝くその様は、まるで生きた宝石のようです。

 

27.コゲラ(キツツキ科 留鳥 約15cm 見られる地域:志木ニュータウン周辺・新河岸川・慶應義塾志木高校周辺)コゲラ

日本のキツツキの中では最も小さい鳥で、スズメくらいの大きさしかありません。木の幹や枝にいる虫たちを探して忙しく動き回っている姿を新河岸川沿いの林で時おり見かけることができます。体が小さいので、木を嘴(くちばし)でたたくドラミングの音もさほど大きくなく、鳴き声も「ギィーッ」という小さな声です。

 

 

 

 

28.ヒバリ(ヒバリ科 留鳥 約17cm 見られる地域:荒川)ヒバリ

春の陽光の中、賑やかにさえずりながら空高く舞い上がる姿が有名ですが、1年中生息している鳥です。市内の農耕地の畦などに巣をつくっています。最近では農地の開発などにより、その生息場所がおびやかされています。

 

 

 

29.ツバメ(ツバメ科 夏鳥 約17cm 見られる地域:市内全域)ツバメ

3月中旬から10月上旬にかけて市内全般で見られる代表的な夏鳥です。渡来当初と渡去前は、河川沿いでよく見られます。赤褐色の喉(のど)と燕尾服のような長い尾が特徴です。

 

30.イワツバメ(ツバメ科 夏鳥 約14.5cm 見られる地域:荒川)

イワツバメ春先から秋口にかけて市内に現れます。ツバメより少し小さく、腰が白く短い尾が特徴です。かつては山地や海岸の崖で巣をつくることが多かったのですが、近年、市街地のビルや橋の下などに巣をつくるものが増えてきました。

 

 

31.キセキレイ(セキレイ科 冬鳥 約20cm 見られる地域:柳瀬川)キセキレイ

柳瀬川では秋から冬に見られ、繁殖期には山の渓流の方に移動します。胸から下がきれいな黄色で、柳瀬川ではカワセミに次いできれいな野鳥ではないでしょうか。常に尾を振りながら水辺を歩いて水生昆虫などを捕って食べます。

 

 

32.ハクセクレイ(セキレイ科 留鳥 約21cm 見られる地域:市内全域) ハクセクレイ

白色と黒色のすらりとした鳥です。背中は灰色ですが、雄の場合夏にはくろくなります。主に河川沿いで見られますが、市街地の電線や屋根などに止まり、長い尾を上下に忙しく振っている姿もよく見かけます。「チチッチチッ」と鳴きながら、波形を描いて飛び、主にハエ・アブなどを主食にしています。

 

33.セグロセキレイ(セキレイ科 留鳥 約21cm 見られる地域:柳瀬川・新河岸川・荒川)セグロセキレイ

日本固有のセキレイで、ハクセキレイに似ていますが、顔が黒いのが一番の違いです。頭から背中、胸にかけてが黒色で、鳴き声は「ジジッ、ジジッ」と濁った声です。市内の河川で見ることができ、ハクセキレイのように水辺から遠く離れることはあまりありません。水生昆虫などを食べ、河原の物陰や崖などに巣をつくります。

 

34.タヒバリ(セキレイ科 冬鳥 約16cm 見られる地域:柳瀬川)タヒバリ

ヒバリと名がついていますがセキレイの一種で、柳瀬川にはハクセキレイ、セグロセキレイ、キセキレイ、そしてタヒバリの4種を見ることができます。尾を上下に振りながら水辺や水田の草丈の低い場所を歩き、昆虫類、クモ類、草の種子などを食べます。他のセキレイと違い目立たない保護色で見つけにくい鳥です。 

 

35.ヒヨドリ(ヒヨドリ科 留鳥 約28cm 見られる地域:市内全域)ヒヨドリ

市内のどこに行っても1年中見られる鳥です。木の実も昆虫も食べる鳥ですが、果実が大好きです。街路樹や庭木などで巣づくりをしています。渡りをするものも少なくなく秋や春の渡りの頃には数十羽から数百羽の群れで移動するものも見られます。 

 

36.モズ(モズ科 留鳥 約20cm 見られる地域:柳瀬川・荒川)モズ

小さな猛禽(もうきん)ともいわれ、バッタやカエルなどの他、自分より大きな鳥までも襲うことがある鳥です。秋になると市内の樹林の片隅や畑の中の杭の先など、目立つところで「キョン、キョン、キイキイキキ」と大きな声でさえずります。これを”モズの高鳴き”といいます。とらえた獲物を木の枝に突き刺す”はやにえ”という行動も有名です。

 

37.ジョウビタキ(ヒタキ科 冬鳥 約15cm 見られる地域:市内全域)ジョウビタキ

シベリアからやってくる愛らしい冬鳥です。開けた場所に生息し、市街地の公園や庭先にも姿を見せます。尾を振ってピョコッとおじぎをするような動作をよく行い、「ヒッヒッヒカタカタ」という声で鳴きます。 

 

38.ツグミ(ヒタキ科 冬鳥 約24cm 見られる地域:荒川)ツグミ

秋から春にかけてみられる代表的な冬の小鳥です。茶色い体と、クリーム色の眉が特徴です。農耕地や河原、公園など、ひらけた場所の地上でよくみかけます。ピョン、ピョンと跳ねるように歩いては立ち止まり、餌をついばむという動作を繰り返します。家庭の庭の木の実を食べに来ることもあります。

 

39.ウグイス(ウグイス科 留鳥 約14から16cm 見られる地域:市内全域)ウグイス

春先には市内の藪や潅木の中から声が聞こえてきますが、なかなか姿を見ることはできません。繁殖期のオスは「ホーホケキョ」と誰でもがウグイスとわかる声で鳴きますが、ふだんは地鳴きといって「チャッ、チャッ」と鳴いて藪や潅木の中を動き回っています。いわゆる鶯色より茶色に近い色をしています。

 

40.オオヨシキリ オオヨシキリ(ヒタキ科 夏鳥 約18cm 見られる地域:柳瀬川・荒川)

春から夏にかけた柳瀬川沿いの葦原(あしはら)などで、「ギョギョシ、ギョギョシ、ケケシ、ケケシ」と賑やかにさえずっています。アシの茎の中程に、おわん型の巣をつくります。一夫多妻の習性を持っている他、カッコウが託卵(たくらん)する鳥としてもよく知られています。葦原の減少とともに、声を聞く機会も少なくなっています。

 

41.セッカ(ウグイス科 留鳥 約13cm 見られる地域:柳瀬川・荒川)セッカ

荒川の河川敷や柳瀬川沿いの農耕地周辺で見ることができます。体長は約13cmで市内ではもっとも小さな野鳥です。体が小さい割に鳴き声は大きく、繁殖期にはオスは上昇しながら「ヒッヒッヒッ・・」、下降しながら「チャチャ チャチャ・・」とさえずります。ヒバリと同様に声を聞いても見つけることがけっこう難しいです。

 

42.シジュウカラ(シジュウカラ科 留鳥 約14.5cm 見られる地域:志木ニュータウン周辺・新河岸川・慶應義塾志木高校周辺)シジュウカラ

スズメほどの大きさの白いほおとネクタイのような黒い帯が特徴的な小鳥です。雑木林や屋敷林、緑の多い町中にも訪れます。餌は昆虫やクモの仲間です。子育ての時期である春に「ツツピー、ツツピー」という鳴き声を耳にすることがあるはずです。

 

メジロ43.メジロ(メジロ科 留鳥 約11.5cm 見られる地域:市内全域) 

目の周りが白く目立つことから、メジロと呼ばれています。スズメより小さな緑色の鳥です。1年を通じて市内の樹林地や公園などで少数見られますが、冬場は庭先のツバキやサザンカの蜜を吸いに訪れることもあります。 

 

 

44.ホオジロ(ホオジロ科 留鳥 約16.5cm 見られる地域:柳瀬川・荒川)ホオジロ

白と黒のまだら顔のスズメより少し大きめの小鳥です。荒川、柳瀬川、黒目川の河川敷や農耕地でほぼ1年を通じて見ることができます。この鳥のさえずりを「一筆啓上仕り候」、「サッポロラーメン、ミソラーメン」と聞き取ることができます。餌は秋冬が雑草の実、春から夏にかけては、動物質のものも食べるようになります。

 

 

45.カシラダカ カシラダカ(ホオジロ科 冬鳥 約15cm 見られる地域:柳瀬川)

柳瀬川沿いの水田地帯のアシ原や草地で見ることができます。群れで行動していることが多く、エサを捕る時以外は枯れ草の下に隠れていることが多い。地上を飛び跳ねて歩きながら、ときどき短い冠羽を立てて草木の種子を採食します。

 

 

46.オオジュリン(ホオジロ科 冬鳥 約16cm 見られる地域:柳瀬川・荒川)オオジュリン

柳瀬川や荒川沿いでアシ原があるところで見ることができます。ほっそりしたスマートな体で、アシの茎から茎へと移動しながら、嘴でアシの茎を割って中のカイガラムシなどを捕って食べます。 

 

47.カワラヒワ(アトリ科 留鳥 約13.5cm 見られる地域:市内全域)カワラヒワ

スズメほどの大きさの小鳥で、河原で群れていることが多いことからこの名がついたようです。1年を通じて見られます。市街地でも時々見られ、庭先に降りることもあります。太い嘴(くちばし)と翼の黄色い模様が特徴的です。「キリキリ、コロコロ」といった声を耳にしたことがあるかと思います。

 

48.シメ(アトリ科 冬鳥 約18.5cm 見られる地域:新河岸川・慶應義塾志木高校周辺)シメ

スズメより大きく、少し太めな感じがする小鳥です。太い嘴(くちばし)も特徴的です。秋から春にかけて、樹林地や公園などで時おり見かけることができます。別名「マメドリ」、「マメハジキ」ともいわれ、堅めの木の実が好物です。庭先に訪れることもあります。

 

49.スズメ(ハタオリドリ科 留鳥 約14cm 見られる地域:市内全域)スズメ

野鳥観察の基本はスズメです。1年を通じて市内各地で生息していますが、秋から冬にかけては、農耕地や河川敷などの草原で若鳥を中心とした群れを見ることができます。石垣の間や樹の洞などに球形の巣をつくります。餌は主に木の実や昆虫などです。

 

50.ムクドリ(ムクドリ科 留鳥 約24cm 見られる地域:市内全域)ムクドリ

1年を通じて、市内全域で見ることができます。全体に黒っぽく見えますが、飛ぶ時には、腰の白い部分がよく目立ちます。公園の草原や河川敷などのひらけた所で、餌をとる姿をよく目にすることができます。

 

51.オナガ(カラス科 留鳥 約37cm 見られる地域:市内全域)オナガ

その名の通り、水色の長い尾が目立つ野鳥です。黒い頭も特徴的です。1年を通じて市内に生息しています。家族で小さな群れをつくって、比較的緑の多いエリアを、縄張りとしています。公園の樹木や街路樹などに巣づくりをしているのを見かけることもあります。「グウェーイ、グウェーイ」としわがれ声でやかましく鳴きます。

 

52.ハシボソガラス(カラス科 留鳥 約50cm 見られる地域:市内全域)写真左

53.ハシブトガラス(カラス科 留鳥 約56cm 見られる地域:市内全域)写真右

嘴(くちばし)がスマートなほうがハシボソガラス、太い方がハシブトガラスです1年を通じて市内に生息しています。ハシボソガラスは郊外の農耕地などで見かけることが多く、ハシブトガラスは市街地で見かけることが多いようです。鳴き声は、ハシボソガラスが「ガァー、ガァー」と濁っており、ハシブトガラスは「カァー、カァー」と澄んだ声です。  

ハシボソガラスハシブトガラス

 

※ここに掲載してある野鳥の写真及び紹介文は、すべて、(財)埼玉県生態系保護協会よりご提供いただいております。
参考文献:『志木の野鳥』(平成7年2月 志木市教育委員会発行)、リーフレット「野生動物にエサを与えないで」(埼玉県発行)