自動体外式除細動器(AED)とは、心室細動等の致死性の不整脈の状態を、心臓に電気ショックを与えることにより、正常な状態に戻す医療機器です。
早期の除細動は救命率を高めることが認められていることから、全小・中学校12校に校舎内1台、体育館内1台、計2台を設置しています。スポーツ中にボールが当たるなど胸部に衝撃が加わることにより心室細動を起こす「心臓震盈(しんぞうしんとう)」 など、救命処置が必要な事故や疾病から児童・生徒を守ります。  

自動体外式除細動器

 

入力されたデータは、SSLプロトコルにより
暗号化されてサーバーに送信されます。