特別会計等とは

特別会計とは経理を区分したほうが収支の関係を明確にできるため、一般会計と区分して設けられる会計です。

「特定の事業」を実施するために「特定の歳入」がある場合、会計を別にしたほうが、収支の関係を明確にできます。

たとえば、国民健康保険事業という「特定の事業」を実施するため、主に国民健康保険税という「特定の収入」を財源としている、というような場合です。

志木市には、以下の特別会計があり、平成20年度の歳入・歳出の状況は以下のとおりです。

 

特別会計 平成20年度決算

会  計  名

歳入決算額

歳入のうち

一般会計繰入金

歳出決算額

老人保健

5億4,087万円

5,867万円

4億6,218万円

国民健康保険

66億6,722万円

3億8,504万円

60億4,323万円

下水道事業

18億2,293万円

7億9,800万円

17億3,212万円

館第一排水ポンプ場

1億9,429万円

7,491万円

1億9,196万円

志木駅東口地下駐車場事業

8,044万円

-

7,934万円

介護保険

19億9,676万円

2億7,622万円

19億4,746万円

後期高齢者医療

5億1,674万円

9,585万円

4億8,367万円

 

水道事業、病院事業は、別のページで解説します。

水道事業会計についてはこちら

病院事業会計についてはこちら