概要 

   平成20年度の決算は、平成20年4月から平成21年3月までの、1年間の市の収支を総計算して表すものです。本市の平成20年度一般会計決算額は、収入にあたる歳入が186億9,268万円、また支出にあたる歳出が167億8,325万円でありましたが、翌年度へ繰り越す収入や基金を取り崩した額を差し引くと、実質単年度収支は3億830万円の赤字となりました。

 なお、歳入総額と歳出総額の差が約19億円ありますが、これは、定額給付金・子育て応援特別手当事業費や学校耐震化補強工事費を平成21年度に繰り越したことが主な要因であります。

 

 

平成20年度

平成19年度

概 要

A

収入総額

186億9,268万円

170億7,614万円

 

B

支出総額

167億8,325万円

162億8,920万円

 

C

形式収支 A-B

19億0,943万円

7億8,694万円

収入総額と支出総額の単純な差し引きです。

D

次年度に
繰り越す収入

12億2,694万円

1億0,110万円

次年度の事業に使うために繰り越さなければならない収入です。

E

実質収支 C-D

6億8,249万円

6億8,584万円

「形式収支」から、「次年度に繰り越す収入」を除いた、当年度の実質的な収支です。黒字の場合、この額は来年度に繰り越されます。

F

単年度収支 

▲335万円

▲5,515万円

前年度からの繰越などを除いた、当年度だけの収支です。

G

基金を崩した額

3億0,966万円

0万円

基金を取り崩した額です。

H

基金に積み立てた額など

471万円

5億5,486万円

基金に積み立てた額と、市債を繰り上げて返済した額です。
 

I

実質単年度収支
F-G+H

▲3億0,830万円

4億9,971万円

単年度収支から、基金の出し入れなどの影響を除いた収支です。

 

収支の状況(イメージ図)

収支の状況