コロナ禍の影響に関する志木市全世帯意識調査

新型コロナウイルス感染症は、全国で猛威をふるい、健康面や経済面などあらゆる分野で大きな影響を及ぼしており、本市においても、長期化するコロナ禍により市民生活や地域経済はかつてないほどの影響を受けています。このような状況を受け、コロナ禍によって生活がどのように変化し、どのような施策や事業が必要なのか、市民の皆様の声をお伺いし、分析することで今後の施策や事業立案の基礎資料とするため、全世帯を対象とした意識調査を実施しました。

調査の概要

実施期間 令和3年10月25日(月曜日)から令和3年11月22日(月曜日)
調査地域 志木市全域
調査対象 全世帯(事業所含む)
調査方法

配達地域指定郵便により全世帯及び事業所に発送。回収は以下の2通り。

  • 同封した返信用封筒による回収
  • インターネット回答
対象者数(配布数)  35,586件
有効回収数

紙回答:9,478件

ネット回答:3,905件

計:13,383件

有効回収率 37.6%

コロナ禍の影響に関する志木市全世帯意識調査(報告書) [5830KB pdfファイル]
コロナ禍の影響に関する志木市全世帯意識調査(概要版) [330KB pdfファイル]
 

入力されたデータは、SSLプロトコルにより
暗号化されてサーバーに送信されます。