資金不足比率

令和2年度決算 資金不足比率 "ー" (水道事業会計、下水道事業会計ともに資金不足比率なし)

※公営企業会計に資金不足額が生じていないため、資金不足比率は表示されません。

「公営企業会計の資金不足額」が、「事業規模」と比べてどのくらいあるか?ということを、全国一律の方法で計算したものです。

 

水道事業会計

 

A・資金不足額 ▲16億8,559万円

B・事業の規模(営業収益額-受託工事収益の額) 13億379万円

資金不足比率  A/B

               ー (▲129.284%)

※水道事業会計に資金不足額が生じていないため、資金不足比率は表示されません。

 

下水道事業会計

 

A・資金不足額 ▲10億6,223万円

B・事業の規模(営業収益額-受託工事収益の額) 11億7,872万円

資金不足比率  A/B ー (▲90.117%)

※下水道事業会計に資金不足額が生じていないため、資金不足比率は表示されません。

 

入力されたデータは、SSLプロトコルにより
暗号化されてサーバーに送信されます。