第二期志木市新行政改革プランの策定について

志木市新行政改革プランが令和2年度をもって計画期間を満了を迎え、計画期間中の取組としては、事務事業の見直しや館保育園の民営化等により、約2億円の経常経費を削減するなど、目標としていた4億円の経常経費の削減には至らなかったものの、一定の成果を挙げたところです。
一方で、社会情勢の変化による市民生活の多様化は進み、市民ニーズはより複雑化・多様化しています。加えて、財政面においても、未だ終息が見えない新型コロナウイルス感染症の影響や公共施設及びインフラの老朽化による維持補修費の増加などの課題に直面することが想定されます。
限られた財源と職員数で今後も健全な財政運営を進めるとともに、社会情勢を的確に捉えた市民サービスを展開していくため、第二期志木市新行政改革プランを策定しました。

第二期志木市新行政改革プラン [330KB pdfファイル] 

計画の期間

令和3年度から令和7年度まで(5年間)

改革プログラムの進捗状況

2つの改革の柱と具体的な取組項目となる9つの取組項目に沿って、20の改革プログラムを設定しました。

毎年度進捗状況を公表していきます。

志木市新行政改革プラン推進本部

第二期志木市新行政改革プランの総合的な推進を図るために審議・検討を行う機関です。

志木市新行政改革プラン推進本部設置規程 [46KB pdfファイル] 

志木市新行政改革プラン推進本部(令和3年度第1回会議)

日時:令和3年5月25日(火曜日)
場所:第3庁舎4階庁議室 
議題:第二期志木市新行政改革プランの策定について

入力されたデータは、SSLプロトコルにより
暗号化されてサーバーに送信されます。