市制施行50周年記念事業

志木市は、令和2年10月26日に市制施行50周年を迎えました。
50周年を市民とともに盛大に祝い、記憶に残る年とするため、市民69人と市職員40人の合計109人で実行委員会を組織し、50周年ならではのさまざまな事業を企画してきました。
令和2年1月には、市庁舎建替えにより解体となる旧庁舎を会場に「市庁舎さよならイベント」を開催し、約12,500人にものぼる来場者があるなど、すばらしい50周年の幕開けとなりました。
しかしながら、その後新型コロナウイルス感染症の世界的な流行により、企画した不特定多数の集客を見込む多くの事業は、やむなく中止となりました。
一方、継続が可能な事業については、50周年記念事業として実施しております。 

市制施行50周年記念事業について

以下の記念事業は、実施しております。(実施済み含む)
※以下の記念事業について、随時情報を更新していきます。

記念事業プレイベント開催

市庁舎さよならイベント
令和2年1月19日(日曜日)実施

志木市を知るならこれを見て!ふるさとPR動画

志木市の魅力を発信するふるさとPR動画
カパルが登場する「カパル篇」と、犬目線で紹介する「犬目線篇」の2本を作成。

ふるさとPR動画の視聴はこちらから

覚えて、踊ってもらいたい!志木おどり・志木音頭

「正調な踊り」を覚えていただくための志木おどり・志木音頭教材動画
3月下旬、市内図書館及び市民活動推進課で貸出しを行います。

志木おどり・志木音頭の教材動画の視聴はこちらから

ふるさと再発見 志木市制施行50周年記念誌

志木市の歴史や文化、市内トピックスなどを紹介する記念誌。
志木市の良さを再発見してもらえる内容です。

志木市制施行50周年記念誌はこちらから

志木市内お囃子団体を紹介!志木のふるさと芸能

志木市の郷土芸能及びその団体を紹介する冊子、「志木のふるさと芸能」
郷土芸能の手引きとしても活用ができます。

志木のふるさと芸能の詳細はこちらから

志木市の新グルメ!舟運(しゅううん)いろはうどん

かつて舟運で栄えた志木市を象徴するオリジナルレシピ「舟運いろはうどん」

  • レンコン(本町通りに流れていた野火止用水の水車から)
  • 赤い食材(新河岸川における航行の目印となった赤稲荷から)
  • 油揚げ(お稲荷さまから)

の3つの食材を活用していただければ、ほかの食材や味付けについてはアレンジが可能です。
みなさんも色々な舟運いろはうどんを作ってみてはいかがでしょうか!?

将来に向けて引き継ぐ事業報告書

志木市制施行50周年事業実行委員会の企画した事業や活動内容の報告書
市内公共施設で閲覧することができます。

50周年特設サイトはこちら

入力されたデータは、SSLプロトコルにより
暗号化されてサーバーに送信されます。