ヒトパピローマウイルス(HPV)ワクチン定期予防接種のおしらせ

ヒトパピローマウイルス(HPV)ワクチンの個別勧奨の再開について

子宮頸がん予防ワクチン(HPVワクチン)の予防接種は、平成25年度から定期接種となりましたが、接種後の激しい痛みや運動障害などの副反応が報告されたことを受け、積極的に勧奨しないことが平成25年6月に決まりました。その後、最新の知見を踏まえ、改めてHPVワクチンの安全性について特段の懸念が認められないことが確認され、接種による有効性が副反応のリスクを明らかに上回ることが認められたため、令和3年11月26日、定期予防接種の個別勧奨が再開されることとなりました。

詳しくは、厚生労働省通知 [168KB pdfファイル] をご覧ください。

HPVワクチン定期接種対象者及び接種回数について

接種対象者

志木市に住民登録がある小学6年生から高校1年生相当の女子(中学1年生での接種が望ましい)

※令和4年度における対象者については、以下のとおりご案内と予診票を個別送付しました。

・高校1年生相当の女子(平成18年4月2日~平成19年4月1日生まれ)・・・令和4年3月18日送付

・中学3年生相当の女子(平成19年4月2日~平成20年4月1日生まれ)・・・令和4年6月21日送付

・中学2年生相当の女子(平成20年4月2日~平成21年4月1日生まれ)・・・令和4年6月21日送付

・中学1年生相当の女子(平成21年4月2日~平成22年4月1日生まれ)・・・令和4年6月21日送付

接種をされる前に下記の厚生労働省の案内をお読みください

ヒトパピローマウイルス感染症~子宮頸がんとHPVワクチン~

接種回数

3回

ワクチンの種類により接種間隔などが異なりますので、医療機関の医師と相談のうえ接種するワクチンを決めてください。

なお、サーバリックスとガーダシルを混合して接種することはできませんので、1回目に接種したワクチンと同じ種類のワクチンを2回目・3回目も接種してください。

(注)シルガード9(9価ワクチン)は現在任意接種のため、公費対象外です。

キャッチアップ接種について

令和4年4月1日から、ヒトパピローマウイルス(HPV)ワクチンの積極的勧奨の差控えにより、接種機会を逃した方に対して公平な接種機会を確保する観点から、時限的に、従来の定期接種の対象年齢を超えて接種を行うこと(以下「キャッチアップ接種」)が始まりました。

接種対象者

平成9年4月2日から平成18年4月1日までに生まれた女子

※平成18年4月2日から平成20年4月1日までに生まれた女子は、定期接種期間終了後はキャッチアップ対象者として令和7年3月31日まで公費により接種を受けることができます。

接種期間

令和4年4月1日から令和7年3月31日までの3年間

接種対象者への周知・勧奨方法について

対象者の方には、個別に通知をお送りします。(令和4年7月~8月頃を予定)

HPVワクチン任意接種費用の払い戻し(償還払い)について

HPVワクチンの積極的勧奨の差し控えにより、定期接種の機会を逃した方が、定期接種の年齢を過ぎて任意接種として自費で接種した場合には、志木市が定める上限額の範囲内で払い戻し(償還払い)を行います。

※詳細が決まり次第、ご案内させていただきます。

入力されたデータは、SSLプロトコルにより
暗号化されてサーバーに送信されます。