国民健康保険被保険者証の有効期限は8月1日から7月31日までの1年間になります

令和2年度からの国民健康保険被保険者証と高齢受給者証の一体化に伴い、被保険者証の更新時期が毎年8月1日になります。

被保険者証の有効期限は、8月1日からの1年間です。

被保険者証と高齢受給者証の一体化

70歳以上の方には、負担割合を記載した「国民健康保険高齢受給者証」を交付しておりましたが、今後は被保険者証と一体化し、被保険者証に負担割合が記載されることとなりました。令和2年8月1日からは、医療機関等の受診の際は、一体化した被保険者証をご持参ください。

新しい被保険者証の有効期限

令和2年8月1日からの被保険者証の有効期限は令和3年7月31日です。ただし、次のいずれかに該当になる方は有効期限が異なります。

  • 次の更新までに75歳になる方:75歳の誕生日の前日
  • 次の更新までに70歳になる方:70歳の誕生日の月末(誕生日が1日の方は、誕生月前月の月末)
  • 短期被保険者証世帯:令和3年1月31日

交付方法

更新時期の前月中に、住民登録住所の世帯主宛てに、加入者全員分をまとめて特定記録郵便にて郵送します。

なお、簡易書留郵便での郵送をご希望される場合は、令和2年6月26日(金曜日)までに保険年金課までご連絡ください。

入力されたデータは、SSLプロトコルにより
暗号化されてサーバーに送信されます。