軽減税率対策補助金が用意されています

今年の10月1日に予定されている消費税率引き上げの際には、軽減税率制度が実施され、税率8%と10%、双方の商品を取り扱う事業者はさまざまな対応が必要になります。

こうした事業者を支援するため、国において軽減税率に対応するためのレジや受発注システム、請求書の発行を行うシステムの改修・導入に対する補助金が用意されています。

まずは、今使っているレジが複数税率に対応しているか、受発注・請求書管理システムの改修・入れ替えの必要があるかなど、レジメーカーやシステムベンダーに確認しましょう。

 

※詳しくは、軽減税率対策補助金事務局(kzt-hojo.jp/)をご参照ください。