平成30年11月11日日曜日、「キッズチャレンジスポーツ ~君もバスケの名プレイヤーになれる?!~」を志木市立志木第四小学校体育館において開催しました。

本市では、「いつでも どこでも だれでも スポーツが楽しめる夢のあるまち」を目指し、「キッズチャレンジスポーツ」と題し、子どもたちが「やってみたい!」と興味を持ち、ニュースポーツを含めたさまざまなスポーツに触れることのできる機会を提供するためのイベントを毎年開催しています。

今年度は、東京2020オリンピック競技大会において、新たに1チーム3人同士で得点を競う「3×3(スリー・エックス・スリー)」がオリンピック正式種目に採用されたことで、より一層身近に、誰もが楽しめる種目として注目が高まっている、バスケットボールにチャレンジしていただきました。

当日の概要

当日は、志木市のバスケットボール初心者の小学生79名に御参加を頂きました。

志木市ミニバスケットボール連盟の皆さんの運営のもと、(株)エルトラック(バスケットボールの家庭教師)の皆さんを講師にお招きし、バスケットボールの基本の技術や動きである、ドリブル・シュート・バス・ディフェンスの練習等を行いました。

子どもたちは、講師の皆さんの話を真剣に聞きながら、熱心に練習に取り組んでいました。3対3のハーフコートゲームでは、練習の成果を発揮しながら、どのゲームも白熱したものとなりました。

子どもたちは、「シュートが入って嬉しかった。」「これからもバスケットボールを続けたい。」と、それぞれにバスケットボールの魅力や楽しさに触れることができました。

写真

開会式

開会式

シュート練習

シュート練習

バス練習

パス練習

ディフェンス練習

ディフェンス練習

ステーション練習

ステーション練習(学年別練習) 

3対3

3対3(ハーフコートゲーム)