注意喚起情報(平成30年4月分)

心あたりのない海外からの郵便物・小包に注意!

事例

海外からの荷物が国際郵便でポストに投函されていた。全く心当たりがないので開封していない。

連絡して返品すべきか対処法を知りたい。

アドバイス

注文した覚えや心当たりのない荷物が届いた場合は、送付票の「ご依頼主」に記載の事業者名、所在地及び電話番号と配送伝票番号を記録し、受け取り拒否をしてください。

配送時に代金を支払ってしまったり、受領印を押してしまうと受け取り拒否はできませんが、ポストに投函されていた荷物は未開封であれば受け取り拒否は可能です。

また、国内のネット通販利用やカタログで注文した商品でも、海外から配送されて届くことがあります。配送予定の品物については、家族や同居する人同士で情報を共有しておきましょう。

排水管の洗浄や住宅修理の際は、慎重に!

事例

自宅のポストに「格安で排水管の洗浄をします」というチラシが入っていた。
チラシに書かれている連絡先に電話をし、さっそく洗浄を依頼した。

後ほど請求が来たが、チラシに書かれていた額とは違い、高額だった。

アドバイス

格安だからといって急いで契約をせず、見積もりを複数社からもらうなど、慎重に検討しましょう。

また、契約をするときは、家族とよく話し合い、本当に必要な契約なのか考えましょう。

瞬間接着剤でティッシュが発熱し、指にやけどを負った事例が発生しています

事例

50歳代女性

ホームセンターで強力瞬間接着剤を購入した。

厚紙の上で接着剤を使用していたら、一滴垂れてしまった。
なかなか乾かないのでティッシュで拭き取ったら、指にものすごい熱さを感じた。
慌ててティッシュを指から剥がしたら、米粒大に指の皮がえぐり取られて出血した。

アドバイス

瞬間接着剤には、布や衣服等に付着すると発熱し、火傷のおそれがあるものもあります。
使用前に、必ず注意事項を確認しましょう。

また、指に接着してしまったティッシュを無理に剥がすのは危険です。
ぬるま湯の中でゆっくりもみほぐしながら剥がすようにしましょう。