平成24年度大気環境調査結果

簡易測定器(フィルターバッジ)を用いて、市内の大気中の二酸化窒素濃度を調査しました。

  • 調査回数
    4回

  • 調査地点数
    一般環境32地点(市内を500mメッシュに分割)
    沿道環境23地点(幹線道路沿い)

  • 調査項目
    二酸化窒素濃度

  • 調査結果
    全ての地点において環境基準値以下でした。
    平成24年度の年平均値は、平成21年度を若干下回りました。
    主要幹線道路及び東武東上線の周辺等で、比較的高い濃度でした。
    用途地域別では、商業地域が最も高くなりました。

平成24年度浮遊粒子状物質(SPM)の調査結果

  • 調査回数
    1回

  • 調査地点数
    上宗岡4丁目交差点1か所

  • 調査項目
    浮遊粒子状物質

  • 調査結果
    全てのデータにおいて環境基準に適合していました。

平成24年度市内排水路及び2河川水質分析調査結果

市内を流れる2河川(新河岸川・柳瀬川)及び流れ込む排水路の水質と2河川に生息する底生生物を調査しました。

  • 調査回数
    4回

  • 調査地点数
    8排水路10地点、2河川

  • 調査項目
    生活環境項目(排水路、河川)、健康項目(河川、年2回のみ)、底生生物(河川)

  • 調査結果
    2河川における調査では、生活環境項目及び健康項目の全項目が環境基準に適合していました。
    生物学的水質判定法では、新河岸川本流・柳瀬川本流ともややきたない水域と判定されました。
    また、排水路の水質については、改善は見られませんでした。

平成24年度市内地下水水質調査結果

  • 調査回数
    2回

  • 調査地点数
    市内17地点(志木地区4地点、宗岡地区13地点)

  • 調査項目
    トリクロロエチレン、テトラクロロエチレン、1,1,1-トリクロロエタン

  • 調査結果
    全地点が環境基準以下でした。
    トリクロロエチレンは、平成21年度より7地点で大幅に減少しました。
    テトラクロロエチレンは全地点で低く、宗岡地区では不検出の地点も多くありました。
    1,1,1-トリクロロエタンは、経年変化はほとんどみられず、横ばいで推移しました。

平成24年度道路騒音・振動測定調査結果

  • 調査回数
    1日間(24時間)

  • 調査地点数
    中宗岡1ー3-43(いろは橋交番脇)1か所

  • 調査項目
    騒音、振動

  • 調査結果
    騒音については、昼間、夜間とも環境基準・要請限度を下回っていました。
    振動については、昼間、夜間とも要請限度を下回っていました。

平成24年度自動車騒音常時監視結果

  • 調査回数
    1日間(24時間)

  • 調査路線
    保谷志木線(測定地は、本町4丁目2)

  • 調査項目
    騒音

  • 調査結果
    昼間、夜間とも環境基準・要請限度を下回っていました。

入力されたデータは、SSLプロトコルにより
暗号化されてサーバーに送信されます。