志木市消費生活センターからのお知らせ

「光回線をアナログ回線に戻せば料金が安くなる」という勧誘に関する注意喚起

インターネットの光回線の契約をしている消費者に対して、「アナログ回線(アナログ電話)に戻せば料金が安くなる」などと勧誘し、手続き代行やオプションサービスの料金として高額な請求をするいわゆる「アナログ戻し」のトラブルが増えています。

相談事例

大手通信会社を名乗る者から両親宅に電話があり、「インターネット回線を解約し電話をアナログ回線に戻すと今より料金が安くなる。アナログ戻しの工事をすれば費用をキャッシュバックする」と説明され、大手通信会社だと思い込んだ父が事業者の来訪を了承した。訪問してきた事業者から「指定期間に自分で電話会社にアナログ戻しを申し出るように。工事完了後にキャッシュバックする」と言われて、書面への記載を執拗に求められたが、不審に思った両親が断った。

しかし、事業者が勝手に置いていった書面を私が確認すると、月額約5,000円の生活サポートの契約を大手通信会社ではない別の事業者としたことになっていた。両親は契約内容を全く理解していないので解約させたい。(80歳代、男性)

消費者へのアドバイス
  • 勧誘を受けた事業者名と契約内容をしっかり確認しましょう
  • 必要のない契約はきっぱり断りましょう
  • 光回線契約をアナログ回線に戻す場合には、NTT東日本またはNTT西日本に問い合わせましょう。手続きは消費者自身でも可能です
  • 不安に思った場合や、トラブルが生じた場合は、すぐに志木市消費生活センターへ相談しましょう

 

入力されたデータは、SSLプロトコルにより
暗号化されてサーバーに送信されます。