志木市消費生活センターからのお知らせ

強引な自宅の買い取りに関する注意喚起

全国の消費生活センター等に、「強引に勧誘され、安価で自宅を売却する契約をしてしまった」「解約したいと申し出たら違約金を請求された」「自宅を売却し、家賃を払ってそのまま自宅に住み続けることができるといわれ契約したが、解約したい」といった、自宅の売却に関する相談が寄せられています。

詳細は下記、国民生活センターのホームページをご覧ください。
国民生活センター「深刻な事態にも!強引な自宅の買い取りに注意」

相談事例

要介護認定を受け一人暮らしをしている。不動産業者から「住宅について有利な話がある」と電話があり訪問を承諾した。すぐに営業員二人が訪ねて来て、「自宅マンションを1千万円で買い取る。その後は家賃13万円で住み続けられ、管理費や固定資産税もかからない」と言われた。一人では決められないと断ったが「早く決めないと売れなくなる」とせかされ、夜11時頃まで勧誘され、契約書にサインしてしまった。解約したい。(80歳代、女性)

消費者へのアドバイス
  1. 消費者が自宅を不動産業者に売却した場合、クーリング・オフができません。契約解除には、手付金の倍額を支払うか、契約条項に基づく高額な違約金が必要となるので安易に契約してはいけません。
  2. 「賃貸として住み続けられる」などと勧誘されることもありますが、良い話だけではありません。不動産取引は複雑です。信頼できる人に相談するなどし、一人で対応せず、取引の内容を理解するまで契約してはいけません。
  3. 安易に自宅を売却してしまうと、住み場所がなくなるなど、生活に深刻な影響が生じる可能性もあります。自宅を売るつもりがなければ、訪問を許さず、「売りません」「契約しません」ときっぱり断りましょう。
  4. 困ったときには、志木市消費生活センターにご相談ください。
入力されたデータは、SSLプロトコルにより
暗号化されてサーバーに送信されます。