志木市消費生活センターからのお知らせ

60歳以上の消費者トラブルに関する注意喚起

2020年度に全国の消費生活センター等に寄せられた相談のうち、契約当事者が60歳以上である相談の件数が、約34万件となった旨の情報が消費者庁から発表されました。
契約当事者が60歳以上である相談の内容をみると、コロナ禍で通信販売の利用機会が増えたためか、通信販売に関する相談が増加し、過去最高の相談件数となりました。

詳細は下記、国民生活センターのホームページをご覧ください。
国民生活センターホームページ「2020年度にみる60歳以上の消費者トラブル」

相談事例

【事例1】当選金を受け取れる手続きとして電子マネーを購入し個人情報を伝えてしまった
【事例2】定期購入のサプリを解約したいが、無料メッセージアプリの手続きがうまくいかない
【事例3】曽祖父が携帯電話の調子が悪いため店舗に行ったら、最新型のスマホを契約していた

60歳以上の契約当事者のトラブル特徴
  • 通信販売に関する相談が増加し、店舗購入や訪問販売、電話勧誘販売の相談は減少
  • 架空請求の相談は大幅に減少し、健康食品等の定期購入に関する相談が増加
  • 情報通信関連の相談が非常に多い
  • 高齢になるにつれ、訪問販売や電話勧誘販売、訪問購入の相談の割合が高くなる
  • 新型コロナウイルス感染症に関連する相談がみられた
消費者へのアドバイス
  • 消費者トラブルはひとごとではありません。自分は大丈夫と思いこまず、日頃からいろいろな消費者トラブルについて知っておきましょう
  • 消費者トラブルを防ぐには、周囲の方による見守りも非常に大切です
  • 不安に思った場合やトラブルになった場合は志木市消費生活センターに相談してください

 

入力されたデータは、SSLプロトコルにより
暗号化されてサーバーに送信されます。