志木市消費生活センターからのお知らせ

子どもの水の事故にご注意ください

警視庁によると、海、川、プール等の水域で発生する水難は、7月から8月の夏季に集中し、中には子どもが死亡する事故も発生しています。また、新型コロナウイルス拡大防止のため開設を取りやめる海水浴場もあり、ライフセーバーや監視員等の不在による救助の遅れも懸念されます。 

水の事故を防止するためのチェックポイント
  • ライフセーバーや監視員等がいるなど適切に安全管理が行われている海水浴場を選びましょう。
  • 指定された遊泳エリア内であることを確認して泳ぎましょう。遊泳禁止の場所では絶対に泳がないでください。 
  • 海の状況は常に変化します。風の向きや高さ、満潮か干潮かを確かめてから泳ぎましょう。
  • 大人は子どもから目を離さず、手の届く範囲で見守りましょう。
  • 離岸流にご注意ください。離岸流とは、沖に向かって発生する強い流れのことです。河口付近や堤防沿い等人工物付近、岩場などは発生しやすいので入水しないでください。

 水の事故に気を付けて!

作成:子供の事故防止に関する関係府省庁連絡会議

入力されたデータは、SSLプロトコルにより
暗号化されてサーバーに送信されます。