アメリカオニアザミ

アメリカオニアザミとは、ヨーロッパ原産のキク科の植物であり、7月から10月にかけて開花します。

鋭いトゲと強い繁殖力を持ち、在来植物の生態系等に影響や人や動物に怪我を負わせることがあります。
このため、環境省・農林水産省により生態系被害防止外来種に指定されています。

市内でも見られるので、敷地内で見かけた場合は、大きくなる前に抜き取って駆除してください。
なお、「アメリカオニアザミ」は堅く鋭いトゲを持つため、安易に触れると危険ですのでご注意ください。

 アメリカオニアザミ

駆除時の注意事項

  • トゲが鋭いため、草刈鎌等を使用して刈るか、スコップ等を使用して周辺の土ごと掘り返すことをお勧めします。
  • 多年草であるため、駆除を行っても株や根が残っていれば再生するため、その場合は再度駆除をお願いします。
  • 花が咲いている時に駆除した場合は、そのまま放置すると、種子が飛散することもあるため、駆除後はその場に放置せずにビニール袋等に密封して可燃ごみに出してください。
入力されたデータは、SSLプロトコルにより
暗号化されてサーバーに送信されます。