ペットの同行避難

災害時、ペットと飼い主が離れ離れになると、ペットが負傷したり衰弱、死亡するおそれがあります。

また、不妊去勢処置がなされてない場合、繁殖により増加することで、住民の安全や公衆衛生上の環境が悪化することも懸念されます。

このような事態を防ぐために、志木市では、ペットを連れて避難する、同行避難を推進しています。

避難所における飼育管理

避難者と共に避難したペットの取扱いについて、避難所では様々な人が共同生活を送ることから、原則、居室へのペットの持ち込みは禁止とし、敷地内の屋外に専用スペースを設置し、飼養していただきます。

避難所におけるペットの存在が、人々にとってのストレスやトラブルの原因となるかどうかは、飼い主自身の意識と、平常時からの備えに左右されます。

普段と違った場所で生活することから、平常時にペットの避難に必要なエサや用具の準備、普段からのしつけ、健康管理が大切です。

飼い主が行うべき対策

平常時
  • 住まいの防災対策
  • ペットのしつけ
  • 健康管理、予防接種
  • 不妊去勢手術
  • ペットが迷子にならないための対策
  • ペット用の避難用品や備蓄品の確保
  • 避難所や避難ルートの確認等の準備
災害時
  • 人とペットの安全確保
  • リードの装着
  • キャリーバックやゲージの持参
  • 避難所におけるペットの飼育マナーの遵守
  • 健康管理

ペット用の備蓄品 

備蓄品一覧

常備品

療法食、薬

食べ物(少なくとも5日分)

水(少なくとも5日分)

予備の首輪、リード

食器

ガムテープ(ゲージの補修などに使用)

飼い主の情報

ペットの情報(健康状況、ワクチン接種状況等)

ペット用品

ペットシーツ

排泄物の処理用具

トイレ用品(猫の場合は使い慣れたトイレ砂)

タオル

ブラシ

おもちゃ

参考リンク先

「ペット同行避難ガイドライン」を作成しました!(埼玉県保健医療部生活衛生課)

入力されたデータは、SSLプロトコルにより
暗号化されてサーバーに送信されます。