新河岸川流域水循環マスタープランが策定されました

新河岸川流域水循環マスタープランの策定検討にあたって、学識者・市民代表・行政(国・都県・自治体)がメンバーの検討委員会を組織しました。

また、市民からの意見を集めるために市民部会・市民懇談会を、行政の意見を集めるために行政作業部会をそれぞれ開催し、市民の方々や行政機関などの意見を反映した新河岸川流域水循環マスタープランとなっています。

水循環マスタープランとは

流域を中心として一連の水の流れの過程において、水に係わる総合的な整備・保全・管理を目指すため、河川環境のみならず、都市環境などの地域特性を踏まえた水循環系の健全化に関する総合的な計画です。 

「新河岸川流域水循環マスタープラン」の詳細については、荒川下流河川事務所ホームページをご覧ください。

新河岸川は、埼玉県の南中部(11市1町)及び東京都(3区8市1町)の北中部の一部を流域に持つ、流域面積は411キロ平方メートル(村山、山口貯水池流域21キロ平方メートルを含む)、幹川流路延長34.6キロメートルの荒川水系の支川です。