地震等の災害に対し、その準備とは

 

正しい情報をつかもう

  • テレビ、ラジオや市の広報で正確に。
  • デマや未確認情報に惑わされず冷静に。

 

火はできるだけ使用しない

  • 火の使用は1か所だけにし、いつでも消せるようにしましょう。

 

水は多く用意しましょう

  • 飲み水は、1人1日3リットルの割合で用意しましょう。
  • 消火に備えて風呂からバケツに至るまで水を入れておきましょう。

 

家具類の転倒防止をしよう

  • 家具類の転倒防止の再確認。

 

危険物の安全確認をしよう

  • 灯油など、油類の安全確保。
  • LPガスボンベの転倒防止の再確認。

 

ガラスの飛散防止をしよう

  • 窓や家具のガラス戸は、ビニールテ-プなどで飛び散らないようにしておきましょう。

 

非常持出し品の確認をしましょう

  • 日ごろ用意の持ち出し品の確認。

 

服装の準備と着替えをしよう

  • 服装は行動しやすいものにする。
  • 暑くても長袖、長ズボンにする。

 

出口の確保をしておこう

  • 万一に備えて避難口を確認。
  • 2階の場合はロ-プの準備も必要。

 

隣り近所の協力を

  • 初期消火や避難時の助け合いの連絡をしておく。

 

病人や子供たちの安全を考えよう

  • 病人や寝たきりの高齢者は安全な場所に移し、お年寄りも安全な場所へ誘導する。
  • 幼児を安全な場所に保護し、行動に注意する