令和2年度における学校の再開について

保護者の皆様には、今回の臨時休業に当たりまして、急な措置にも関わらず、御理解・御協力をいただき誠にありがとうございました。

卒業式については、保護者の皆様の出席を御遠慮いただき、規模を縮小して行いましたが、おかげさまで各校とも無事に実施することができました。重ねて、お礼申し上げます。

一方、新型コロナウイルス感染症については、世界的にはWHOの公表どおり、いわゆる「パンデミック」な事態にあります。3月19日開催の国の専門家会議の見解は「持ちこたえている」ということでしたが、ここにきて国内の感染者数も急激に増加している状況にあります。

志木市の状況は、現時点では、3名の方が感染者となっていますが、いずれの方も感染源は海外にあると想定されております。

このような市内外の情勢を踏まえますと、引き続き十分な警戒を行い、感染症対策に万全を期していくことが求められております。

こうした中、文部科学省から「学校再開ガイドライン」が示されましたが、本市においても、このガイドラインを踏まえつつ、下記の「市内小中学校の再開の概要」のとおり、4月からの小中学校を再開してまいりますので、よろしくお願い申し上げます。

なお、この大変異例な状態の中での再開となりますが、新入生をはじめすべての児童・生徒にとりまして、学年当初は、その後の学校生活を左右する重要な時期であります。児童・生徒の健康、安全を第一に考えつつ、落ち着きのある整然とした教育環境をつくっていくことが重要となりますので、保護者の皆様の一層の御理解・御協力をお願い申し上げます。

志木市教育委員会教育長 柚木 博 

志木市内小中学校の再開の概要

入学式について

小学校:4月9日(木曜日)実施【会場:体育館】

※出席者は、新入生、教職員、新入生保護者(2名以内)

中学校:4月8日(水曜日)実施【会場:体育館】

※出席者は、新入生、教職員、新入生保護者(2名以内)

授業について

小学校の日程

4月8日(水曜日):始業式

4月9日(木曜日):在校生(2年生以上)は休業(入学式のため)

4月10日(金曜日):短縮授業(給食なし)

4月13日(月曜日):午前中授業、給食、清掃後下校

4月14日(火曜日):同上

4月15日(水曜日):同上

4月16日(木曜日)以降:通常授業

※1年生は4月22日(水曜日)から給食を開始します。

放課後志木っ子タイム

在校生は4月1日(水曜日)から受け入れます。
※新一年生は4月9日(木曜日)の入学式から受け入れます。

学童保育クラブ

在校生及び新1年生ともに4月1日(水曜日)から受け入れます。

中学校の日程

4月8日(水曜日):始業式

4月9日(木曜日):短縮授業(給食なし)

4月10日(金曜日):短縮授業(給食なし)

4月13日(月曜日):午前中授業 給食、清掃後下校

4月14日(火曜日):同上

4月15日(水曜日):同上

4月16日(木曜日)以降:通常授業

部活動

4月9日(木曜日)から4月15日(水曜日)実施可
※16時までに下校。

4月16日(木曜日)以降は通常実施
※対外試合は自粛

学校生活について

  • 健康状態を把握(検温等)するため、「健康カード」の提出を毎朝お願いします。新学期にカードを配布いたします。
  • 37.5度以上の発熱や体調不良の場合は自宅で静養し、病院に相談の上、受診してください。感染が疑われる場合は、朝霞保健所に御相談ください。
  • 健康観察後、風邪症状がある児童・生徒を確認した場合は、御家庭に連絡しますので、御対応をお願いいたします。
  • 児童・生徒の登校時、保護者の皆様の来校時には、マスク着用の協力をお願いします。
  • 例えば、呼吸器の障害を有するなど、医療ケアを必要とする児童・生徒については、主治医や学校医と相談の上、個別の判断をいたします。その際、登校することが適当でないと判断された場合、欠席扱いとはしません。
  • 保護者の皆様の来校時には、氏名、時間等の御記入をお願いします。

授業実施上の留意事項について

学校では次のような事項に留意して授業を行います。

  • 常に教室の換気に努め、閉鎖的な空間での授業は避けること。
  • 温度、湿度の管理に努め、必要に応じて施設の消毒やアルコール消毒液の設置など可能な範囲で対応すること。
  • 実技を伴う授業では、身体的接触を避けること。
    ※例えば、音楽授業における歌唱は、児童・生徒の間隔を空けて行う。外国語(外国語活動)は向かい合っての発声はしない。

休業に伴う未指導分の対応について

今回の休業に伴う未指導分の学習については、各担任、教科担任が未指導の単元、分野を整理したものを次のとおり行います。

  • 国語の漢字、算数の計算問題、英単語等の自学自習できる内容については、学校から課題を提示し、現在の休学中に家庭学習しており、引き続き行うこと。
  • 家庭学習では対応できない部分については、次年度の学級担任、教科担任へ引き継ぎ補充的な授業を計画的に指導すること。また、スマート教員、市費教員を活用して、担任とともに、一人一人に応じたきめ細かな指導を行うこと。

その他

  • 小中学校の校庭開放については、4月7日(火曜日)まで実施します。
  • 学校開放事業については、4月16日(木曜日)から実施します。
  • 5月以降における運動会等の学校行事の対応については、4月30日(木曜日)までに判断します。