新型コロナウイルスに関連した肺炎について

新型コロナウイルスについて

中華人民共和国湖北省武漢市等で新型のコロナウイルスに関連した肺炎の発生が報告されています。発病すると、発熱、咳などの呼吸器症状等が出現します。

最新情報
埼玉県南西部消防本部
埼玉県記者発表資料
厚生労働省報道発表資料

予防について

流水と石鹸による手洗いを頻回に行いましょう。

また、咳が出るときは咳エチケット(咳をする場合には口や鼻をティッシュで覆う。ティッシュを捨てた後は流水と石鹸で手洗いする。)を守り、周りの人への感染を予防するため、マスクを着用しましょう。

湖北省および浙江省から帰国・入国した方へ

発熱、咳などの症状がある場合は、下記の相談窓口に連絡の上、医療機関を受診するようお願いします。

その際は、マスクを着用し、事前に医療機関に連絡の上受診してください。

相談窓口の設置について

埼玉県では当面の間、新型コロナウイルスに関する帰国者・接触者相談窓口を設置します。
平日昼間(8時30分から17時15分)

朝霞保健所
電話:048-461-0468

土曜日・日曜日昼間(8時30分から17時15分)

保健医療政策課
感染症・新型インフルエンザ対策担当
電話:048-830-3557

夜間(17時15分から8時30分)

埼玉県救急電話相談
#7119
※#7119は、新型コロナウイルスに限定した窓口ではありません。

新型コロナウイルスに関する相談窓口の設置について(埼玉県ホームページ)

新型コロナウイルスに関する帰国者・接触者相談窓口の設置について(埼玉県ホームページ)

厚生労働省はコールセンターを設置しました。

厚生労働省(9時から21時)
電話:0120-565653(フリーダイヤル)※土曜日、日曜日、祝日も実施

関連リンク

新型コロナウイルス感染症について(厚生労働省ホームページ)

新型コロナウイルスに関連した肺炎について(埼玉県ホームページ)

渡航者への注意喚起(厚生労働省検疫所FORTH)

新型コロナウイルスQ&A(厚生労働省ホームページ)

コロナウイルスとは

人や動物の間で広く感染症を引き起こすウイルスです。人に感染症を引き起こすものはこれまで6種類が知られていますが、深刻な呼吸器疾患を引き起こすことがあるSARS-CoV(重症急性呼吸器症候群コロナウイルス)とMARS-CoV(中東呼吸器症候群コロナウイルス)以外は、感染しても通常の風邪などの重度でない症状にとどまります。

国立感染症研究所:人に感染するコロナウイルス

市民のみなさまへ

今後、感染者の増大によっては、市のイベントを中止する場合があります。何卒ご了承のほどお願いいたします。