市県民税申告・平成29年分確定申告のご案内

今年も市県民税の申告と所得税の確定申告の季節になりました。
申告期間の初日や最終日、月曜日は窓口が大変混雑し、長時間お待たせすることがありますので、時間に余裕をもってお越しください。

なお、申告期間中の市役所駐車場は大変混雑いたしますので、公共交通機関をご利用ください。

郵送による市県民税の申告は待つ必要がありません。

郵送での申告をご協力お願いします。

所得税の確定申告書については、ご自宅でもかんたんに作成が可能

作成した申告書を印刷して、税務署の窓口や郵送にて提出すれば、混雑する申告会場にお越しいただく必要がありません。

確定申告書は、自宅で作成しe-TAX(電子申告)や郵送等で提出 [1379KB pdfファイル] 

確定申告書等作成コーナー(外部サイトへリンクします)

このリンクは別ウィンドウで開きます

e-Tax・作成コーナーヘルプデスク

国税庁では、e-Tax・確定申告書等作成コーナーの操作に関する問合せに電話で対応する専用窓口として、e-Tax・作成コーナーヘルプデスクを設置しています。 

市民税・県民税の申告

市民税・県民税の申告期間

平成30年2月16日(金曜日)から3月15日(木曜日)まで。

※土曜日・日曜日を除く、ただし2月18日(日曜日)は受付を行います。

市民税・県民税の申告が必要な人

  1. 前年中に収入(営業、農業、不動産、譲渡、配当、年金など)があった人
  2. 給与所得者で次に該当する人
    • 給与所得のほかに営業、農業、不動産、譲渡、利子、配当などの所得があった人
    • 給与を2ヶ所以上から受けている人
    • 雑損控除、医療費控除、寄附金控除等を受けようとする人
  3. 前年中に収入がなかった方のうち、控除対象配偶者又は扶養親族となっていない方

※非課税証明書の交付、国民健康保険税や介護保険料の算定等で市民税・県民税の申告が必要です。

ただし、次の人は市へ申告する必要がありません。
  • 所得税の確定申告書を提出した人
  • 給与所得のみの人で、勤務先から市役所に「給与支払報告書」の提出がされている人
  • 公的年金所得のみの人で、公的年金の支払者から市役所に「公的年金支払報告書」の提出がされている人

市民税・県民税の申告に必要な書類

  • 市民税・県民税申告書(市役所に白紙がありますので持参いただかなくても構いません)
  • 印鑑
  • 給与所得・公的年金等の源泉徴収票又は給与明細書など
  • 昨年中に支払った生命保険料・地震保険料の控除証明書、社会保険料(国民健康保険・国民年金・介護保険・後期高齢者医療保険など)支払証明書や領収書
  • 障がい者控除を受ける方は手帳や認定書など
  • 学生の方は、学生証
  • 医療費控除を受ける方は、医療費の明細書(事前にご自身で作成してください)
    「医療費控除の明細書」の様式と記載例【PDF/209KB】はこちら  
  • 寄付金控除を受ける方は、寄付金の領収書 

所得税の確定申告

申告期間中、志木市役所では簡易な確定申告のみ受付を行います。

※受付できるのは平成29年分のみ、過年分の受付はできません。

所得税の確定申告期間

平成30年2月16日(金曜日)から3月15日(木曜日)まで。

※土曜日・日曜日を除く、ただし2月18日(日曜日)は受付を行います。

志木市役所で受付できる簡易な確定申告

受付できる所得の種類

給与、年金・雑(仮想通貨は除く)、配当(総合課税分)、一時所得のみ

 ※ただし、上記所得のみでも住宅借入金等特別控除(初年度)、外国税額控除、雑損控除の適用を受ける方は志木市役所では受付できません。朝霞税務署で確定申告を行ってください。

医療費控除を受ける方へ

医療費の明細書(事前にご自身で作成してください)
「医療費控除の明細書」の様式と記載例【PDF/209KB】はこちら 

所得税の確定申告に必要な書類

  • 税務署から送付された所得税の確定申告書(送られてきていない場合は持参いただかなくても構いません)
  • 印鑑
  • 通帳
  • マイナンバーのわかるもの (マイナンバーカード、通知カード、マイナンバーの記載のある住民票など)
  • 本人確認書類(運転免許証、パスポート、在留カード、マイナンバーカードなど)
  • 給与所得・公的年金等の源泉徴収票又は給与明細書など
  • 配当の支払通知書・特定口座年間取引報告書など
  • 雑所得や一時所得の金額のわかるもの
  • 昨年中に支払った生命保険料・地震保険料の控除証明書、社会保険料(国民健康保険・国民年金・介護保険・後期高齢者医療保険など)支払証明書や領収書
  • 障がい者控除を受ける方は手帳や認定書など
  • 学生の方は、学生証
  • 医療費控除を受ける方は、医療費の明細書(事前にご自身で作成してください)
    「医療費控除の明細書」の様式と記載例【PDF/209KB】はこちら 
  • 寄付金控除を受ける方は、寄付金の領収書