しきっ子あんしん子育てサポート事業がスタート

子育てが楽しいと感じられるまちへ

市では、子どもを持ちたいと願う人から、妊娠・子育て中の人まで、誰もが安心して出産・子育てができ、子育てが楽しいと感じられるよう、助産師や保健師による妊産婦さんへの面接相談や訪問事業、地域での子育てデビューの応援や不妊検査及び不妊治療への助成を柱とする「しきっ子あんしん子育てサポート事業」を6月からスタートしました。

しきっ子あんしん子育てサポート事業専用電話を設置
お気軽にご相談ください。
電話番号:048-476-7333

主な事業 

助産師や保健師による面接相談

妊娠届出時に全ての妊婦さんへ助産師や保健師が面接相談を行います。
妊娠中・出産前後にお電話などで、体調や出産・育児の準備状況などのご様子を伺います。心配なことがあれば、お気軽にご相談ください。

妊娠届出場所
健康増進センター(志木市幸町3-4-70)

平日 午前8時30分から午後5時15分、第2・第4土曜日 午前9時から午後5時

子ども家庭課(市役所1階)

月曜日から木曜日の午前8時30分から午後5時15分、金曜日 午前8時30分から午後7時

※どちらも年末年始 祝休日はお休み

おっぱいケア訪問

おっぱいのあげ方やミルクの足し方、おっぱいのケアなど、授乳等に関するご心配がある方は、お気軽にご相談ください。
出産から90日以内の産婦さんを対象に助産師が、ご家庭を訪問しおっぱいのケアや授乳に関する相談を行います。

自己負担

1回500円(生活保護受給世帯は自己負担なし)

利用回数

2回まで

申し込み方法

産後80日までに電話で健康増進センターへ(産後80日を過ぎた人についてはご相談ください)

育児サポート事業

出産から90日以内で、産婦さんの心身に不調があり、家族からの協力も受けられず、育児に不安がある家庭に助産師やヘルパー等による育児のサポートを行います。

自己負担

助産師によるサポート1回500円(赤ちゃんの沐浴や産婦さんへの心身のケアなど)、ヘルパーによるサポート1時間500円(買い物や調理、洗濯などの家事)、保育士によるサポート1時間500円(上の子の保育、1か月健診などへの付き添いなど、1回の利用は2時間から)※生活保護受給世帯は自己負担なし

申込み方法

子育てで困っている人は、まずは、お電話でご相談ください。保健師が訪問し、状況の確認などを行った後、審査があります。

はじめて赤ちゃん学級

初めてママ・パパになった人と生後2~3か月の赤ちゃんを対象に、市内子育て支援センターで開催します。

内容

講話(予防接種の受け方、赤ちゃんの急な病気への対応、子育て支援センターや子育て支援サービスの紹介)とママ・パパの交流・情報交換など

申込み方法

対象となる人には、生後1か月の終わりに届く健康増進センターからの予防接種のお知らせと一緒に、ご案内をお送りします。
案内に記載されている開催日1週間前までに、電話で健康増進センターへ

早期不妊検査費助成

妻の年齢が43歳未満の夫婦を対象に早期不妊検査にかかる費用を助成します。
助成回数は、1組の夫婦につき1回限り、上限は2万円です。

申請書類等
助成対象となる主な条件(詳しくはお問合せください)
  • 助成申請時に法律上の婚姻をしている夫婦であって、双方または一方が志木市に住民登録がある人
  • 不妊検査開始時に妻の年齢が43歳未満
  • 都道府県等の長が指定する特定不妊治療を実施する「指定医療機関」で実施し、医師が必要と認めた不妊検査(特定不妊治療の一環として受ける検査は対象外)
  • 平成29年4月1日以降に検査が終了したもの
  • 夫婦が共に受けた不妊検査で、検査開始日から終了までが6か月以内のもの
問合せ・申請窓口

健康増進センター

早期不妊治療費助成

妻の年齢が35歳未満の夫婦を対象に県が行う特定不妊治療費助成の初回に上乗せして助成を行います。(特定不妊治療は、体外受精または顕微授精が対象です)
助成回数は、1組の夫婦につき1回限り、上限は10万円です。

なお、埼玉県不妊治療費助成事業の初回助成の対象となったものが、市の助成対象となりますので、先に県に申請を行ってください。

申請書類等
助成対象となる主な条件(詳しくはお問合せください)
  • 助成申請時に法律上の婚姻をしている夫婦であって、双方または一方が志木市に住民登録がある人
  • 不妊治療開始時に妻の年齢が35歳未満
  • 平成29年4月1日以降に治療が終了したもの
問合せ・申請窓口

健康増進センター