平成30年3月に地域防災計画を改正しました

本計画は、災害対策基本法(昭和36年法律第223号)第42条の規定に基づき、志木市防災会議が作成する計画であり、市の防災対策の基盤となるものです。

志木市では、平成27年3月に改正以降、「平成28年熊本地震」をはじめ、「平成28年台風第10号」などの大規模災害が発生しています。

また、「平成28年台風第9号」においては、本市に大きな浸水被害をもたらしました。

このような状況を受け、本市においてさらなる防災対策の充実を目指して計画の見直しを行いました。

詳しくは、地域防災計画のページをご覧ください。