新型コロナウイルスに係る定期予防接種の対応について

予防接種はスケジュールどおり受けましょう

予防接種法の規定による定期予防接種については、ワクチンで防げる感染症の発生及びまん延を予防する観点から非常に重要であり、感染しやすい年齢を考慮して感染症ごとに接種年齢を定めています。

特に赤ちゃんの予防接種を遅らせると、免疫がつくのが遅れ、重い感染症になる危険性が高まります。

お子さんの予防接種は、決して「不要不急」ではありません。まだ接種期間内の方は、お早めに接種をお済ませください。

遅らせないで!子どもの予防接種と乳幼児健診(厚生労働省ホームページ)