第11回戦没者特別弔慰金のご案内

第11回戦没者特別弔慰金の請求をお考えの方へ

緊急事態宣言期間中につきまして、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、特別弔慰金の請求のための、市役所へのご来庁を原則ご遠慮いただいております。

請求は令和5年3月までと期間に余裕がありますので、緊急事態宣言解除後のご来庁をお願いいたします。

また、窓口が混雑しないよう先にお電話で日程を調整させていただいてから、ご来庁をお願いしております。

ご不便をおかけしますが、ご理解とご協力をお願いいたします。 

戦没者等の遺族に対する特別弔慰金のご案内(第11回特別弔慰金)

戦後75周年の節目にあたり、今日の我が国の平和と繁栄の礎をなった戦没者等の尊い犠牲に思いをいたし、国として改めて弔意の意を表するため、戦没者等のご遺族に第11回特別弔慰金(記名国債)をを支給するものです。

支給対象者

令和2年4月1日(基準日)において、「恩給法による公務扶助料」や「戦傷病者戦没者遺族等援護法による遺族年金」等を受ける方(戦没者等の妻や父母等)がいない場合に、以下の順番による先順位のご遺族お1人に支給します。

以下の1から4の戦没者死亡当時のご遺族で、

  1. 令和2年4月1日までに戦傷病者戦没者遺族等援護法による弔慰金による受給権を取得した方
  2. 戦没者等の子
  3.  戦没者等の(1)父母、(2)孫、(3)祖父母、(4)兄弟姉妹
    ※戦没者等の死亡当時、生計関係を有していること等の要件を満たしているかどうかにより、順番が入れ替わります。
  4. 上記1から3以外の戦没者等の三親等内の親族(甥、姪等)
    ※戦没者等の死亡時まで引き続き1年以上の生計関係を有していた方に限ります。
  • 1人の戦没者につき、ご遺族1人に支給されます。
  • 同順位者がいる場合は、その方の同意を得たうえで、代表してご請求ください。
  • 第11回の弔慰金は、令和2年4月1日(基準日)の時点に着目し支給されます。そのため、基準日以後に請求者が死亡した場合は、請求者の受給権はそのまま残り、相続人が代わりに、請求できます。

ただし、第10回弔慰金の請求の際、平成27年4月1日(第10回の基準日)以後の請求者死亡により、相続人として請求していた場合は、今回の基準日で、請求者の受給権は消滅しているため、相続人請求ができません。(戦没者と生計を一にしていた他の遺族がご健在であった場合にその方に受給権が移ります。)

支給内容

額面25万円(5年償還の記名国債)

請求期間

令和2年4月1日から令和5年3月31日まで(期間を過ぎると請求できませんので、ご注意ください。)