令和2年度高齢者肺炎球菌予防接種

予防接種法の改正により、平成26年10月1日から高齢者肺炎球菌予防接種が定期接種に追加されています。

この予防接種は、実施医療機関での個別接種となりますので、接種を希望する人は令和3年3月31日までに、接種していただきますようお願いします。

対象者

令和2年度については次の人が対象です。

  • 65歳相当の人(昭和30年4月2日生から昭和31年4月1日生の人)
  • 70歳相当の人(昭和25年4月2日生から昭和26年4月1日生の人)
  • 75歳相当の人(昭和20年4月2日生から昭和21年4月1日生の人)
  • 80歳相当の人(昭和15年4月2日生から昭和16年4月1日生の人)
  • 85歳相当の人(昭和10年4月2日生から昭和11年4月1日生の人)
  • 90歳相当の人(昭和5年4月2日生から昭和6年4月1日生の人)
  • 95歳相当の人(大正14年4月2日生から大正15年4月1日生の人)
  • 100歳相当の人(大正9年4月2日生から大正10年4月1日生の人) 

接種方法

契約医療機関において自己負担3,000円で1回受けることができます。

生活保護世帯については、受給者証を提示することで自己負担なし。

接種の際は、4月に送付されたピンクの受診券が必要です。

※既に肺炎球菌ワクチン(23価肺炎球菌ワクチン、ニューモバックス®NP)の接種を受けたことがある人は対象外です。

実施医療機関

実施医療機関一覧 

※接種日や事前予約など各医療機関で異なりますので、必ず、医療機関に確認の電話をしてください。

※朝霞地区4市(志木市・朝霞市・和光市・新座市)以外の医療機関で接種を希望する人は、事前に健康増進センターにお問い合わせください。