「わたしの想いをつなぐノート」(志木市版エンディングノート)を配布します

市では、ご自身の人生を最期まで自分らしく過ごしてほしいと考え、「わたしの想いをつなぐノート」(志木市版エンディングノート)を発行しました。

志木市らしさがより表現できるよう、表紙や挿絵は、地域の高齢者の皆さんにご協力いただきました。

ご自身の大切な想いを未来へつなぎ、「これからの人生のあり方を考える」きっかけづくりに、ぜひご活用ください。

エンディングノートとは?

人生を振り返り、自身に関する情報や希望・想いをわかりやすくまとめ、書き記すためのノートです。

家族や大切な人たちへ自分の希望を伝えるためだけではなく、想いを整理するためのノートとして、年齢を問わず気軽に書くことができます。

「もしもの時」はもちろん、日頃の生活にも役立てることができます。

いろんなことが記入できます

  • もしもの時は・・・病気の時、介護が必要な時、もしもの時の連絡先など
  • 大切な人たちへ・・・家族や友人へのメッセージ、ペットのことなど
  • わたしのことを・・・自身の基本情報、思い出、趣味、健康状態など
  • エンディングについて・・・葬儀、お墓のことなど
  • 財産について・・・預貯金のことなど

そのほかにも、志木市や近隣の相談窓口も記載されているので、普段の生活にも便利です。

配布場所

長寿応援課、福祉課、柳瀬川駅前出張所・志木駅前出張所、健康増進センター、福祉センター、第二福祉センター、高齢者あんしん相談センター(市内5か所)

対象

志木市民の方どなたでも

配布期間

平成31年3月末日まで(予定)
※配布部数に限りがあるため、配布終了予定日より先に配布を終了することがあります。

エンディングノート表紙