在宅医療・介護連携推進とは

いわゆる団塊の世代の皆さんが75歳以上となる2025年を目途に、高齢者が住み慣れた地域で自分らしい暮らしを人生の最期まで続けることができるよう、医療、介護、介護予防、生活支援、住まいを一体的に提供する地域包括ケアシステムの構築を図る必要があります。

高齢期になると、慢性疾患や多重疾患で医療と介護の両方を必要とすることが多くなり、自宅で療養生活を継続していくためには、在宅医療と介護サービスの両者を適切に受けることができる体制が必要となります。

市では、医療職や介護・福祉職、行政職員等多職種の協働により、包括的かつ継続的にサービス提供ができる支援体制づくりを進めていきます。

地域包括ケアシステムのイメージ

地域包括ケアシステム

 

事業の概要 

 在宅医療・介護連携推進を図るため、以下の取組みを実施します。

  1. 地域の医療・介護の資源の把握
  2. 在宅医療・介護連携の課題の抽出と対応策の検討
  3. 在宅医療・介護関係者の情報共有の支援
  4. 在宅医療・介護連携に関する相談支援
  5. 切れ目のない在宅医療と介護の提供体制の構築推進
  6. 医療・介護関係者の研修
  7. 地域住民への普及啓発
  8. 在宅医療・介護連携に関する関係市町村の連携

 

取組み状況

平成30年度

平成30年度も、引き続き、在宅医療介護連携代表者会議を軸に、3つのワーキンググループにより、医療介護連携の推進に向けて事業を展開していきます。

在宅医療介護連携代表者会議

市に係る医療職や介護職、市民の代表が委員となり、構成しています。年に3回開催し、在宅医療や介護に係る情報共有や連携推進に向けた事業の検討などを行っています。

第1回在宅医療介護連携代表者会議報告.pdf [183KB pdfファイル] 

医療介護連携ワーキンググループ

代表者会議の委員が3つのグループに分かれ、具体的な事業実施に向けての検討を行っています。 

●在宅医療介護連携課題抽出ワーキンググループ

医療職や介護職等を対象としたワークショップを開催し、現場での連携の実際を振り返、課題を出し合って整理します。あがった課題を解決するために、”まず出来ること”の検討も行います。また、平成29年度にワーキンググループで作成し、配布した「志木市医療介護連携お助けガイド」の評価も行います。

●在宅医療・介護関係者研修ワーキンググループ

平成28年度から定期開催している「ケアカフェしき」の企画と運営を行います。顔の見える関係づくりから発展して、テーマを設定した意見交換や、ミニ研修等も行います。

●地域住民への普及啓発ワーキンググループ

在宅医療や在宅介護の普及啓発を行うため、平成28年度から発行している在宅医療介護情報誌「ほほ・えみ」の編集を行います。平成30年度は、市民向け講演会も開催します。

第1回会議の様子ワーキンググループワーキンググループワーキンググループ

 

平成29年度

平成29年度は、平成28年度から活動しているワーキンググループを1つ増やし、志木市の医療と介護の連携をさらに推進していくための検討や事業に取り組んでいます。

●行政視察研修を行いました

平成29年7月26日(水曜日)に在宅医療介護連携推進における先進自治体から学びを得るため、東京都北区に行政視察研修に行ってきました。委員13人と事務局5人が参加し、先進的な取り組みの説明を受けて、今後の事業の具体的なイメージづくりや多職種連携促進の必要性を再確認する機会となりました。

行政視察研修の様子

●「ケアカフェしき」を開催しました

志木市に係る医療職や介護職等が集い、顔の見える関係づくりの場として平成28年度から開催しています。平成29年度は、10月と3月に2回開催し、それぞれ約80人の関係者が参加しました。ワールドカフェ方式を用いて、各回ごとにテーマを決めて自由に意見交換を行いました。

 ケアカフェしきの画像1ケアカフェしきの画像2ケアカフェしきの画像3

 志木市在宅医療介護情報誌

志木市在宅医療介護情報誌「ほほえみ」第1号.pdf [591KB pdfファイル] 

志木市在宅医療介護情報誌「ほほえみ」第2号.pdf [895KB pdfファイル]  

志木市在宅医療介護情報誌「ほほえみ」第3号.pdf [1535KB pdfファイル] 

志木市在宅医療介護情報誌「ほほえみ」第4号.pdf [613KB pdfファイル] 

在宅医療資源を調べるには

朝霞地区医師会

朝霞地区歯科医師会  在宅歯科に関する相談窓口のご案内 [296KB pdfファイル] 

朝霞地区
電話:080-2334-8020

埼玉県内の医療機関や薬局を検索できます。(埼玉県医療機能情報提供システム)