重度心身障がい者医療費助成制度について

心身に重度の障がいがある方が、医療機関で診察を受けた際に支払う保険診療の一部負担金を助成します。ただし、他の公費負担や健康保険により、高額療養費や付加給付が支払われる場合は、その金額を助成額から控除します。 

対象者

 

【65歳に達する日の前日において、次に該当する人】 

  • 身体障がい者手帳1級から3級の人
  • 療育手帳丸A、A、Bの人
  • 精神障害者福祉手帳1級の人
  • 後期高齢者医療保険制度に加入し、障がい認定を受けた人

資格登録

 

 次の書類を共生社会推進課までお持ちください。 

  • 障がい者手帳
  • 健康保険証または後期高齢者医療被保険者証(該当者のみ)
  • 本人名義の普通預金口座通帳
  • 印鑑 

申請方法

 

医療機関の窓口で医療費を支払ったあと、受診者と医療点数の分かる領収書を医療費請求書に添付し、郵送または窓口(共生社会推進課または出張所)で申請してください。
※領収書を添付できない場合には、医療費請求書に医療機関が領収内容を記載することもできます。

 

 

朝霞地区4市及び東入間地区2市1町の通院に限り、窓口負担なく医療を受けることができます

  • 対象者:重度心身障がい者医療費受給資格のある方(ただし、後期高齢者医療保険加入者は除く
  • 利用方法:健康保険被保険者証、重度心身障がい者医療費受給者証を病院等の窓口で提示して、ご利用ください。

重度心身障がい者医療費(後期高齢者医療保険加入者以外の方)は、朝霞地区4市(志木市、朝霞市、和光市、新座市)及び東入間地区2市1町(富士見市、ふじみ野市、三芳町)の医療機関で受診する際に、健康保険被保険者証と受給者証をあわせて提示することで健康保険適用診療分の窓口払いが不要となります(入院及び21,000円以上は除く)。

受診地域 診療項目 区分 説明

 志木市

朝霞市

和光市

新座市

富士見市

ふじみ野市

三芳町

【外来】 

  • 医科
  • 歯科
  • 薬局
  • 接骨院等

現物給付

(窓口払いなし)

  • 受給者証と保険証を提示することにより、保険診療一部負担金の窓口払いはありません。
  • 入院を除く医療費で1ヶ月あたりの金額が21,000円未満までに限ります。
  • 現物給付を行っていない医療機関もありますので、受診の際は医療機関等で必ずお尋ねください。
【入院】

償還払い

(窓口払いあり)

 
  • 保険診療一部負担金分を申請後に支給します。
  • 随時、受付します。申請書に1か月分の領収書をまとめて添付しご提出ください。
  • 他の公費負担や健康保険から、高額療養費や附加給付等が支払われる場合は、確定後支給します。
他の地域

 

【入院】

【外来】

  • 医科/歯科/薬局
  • 接骨院等

 

「食事療養費の標準負担額」及び「生活療養費の標準負担額」について

これまで、助成の対象であった「食事療養費の標準負担額」及び「生活療養費の標準負担額」については、平成26年4月1日から助成対象外となりました。

変更時期

平成26年4月1日診療分から対象外

※平成26年3月31日までの「食事療養費の標準負担額」及び「生活療養費の標準負担額」は助成対象となります。