介護保険は、40歳以上の人が被保険者(加入者)として保険料を負担し、介護が必要と認定されたときは、費用の一部を支払い、サービスを利用する制度です。

65歳以上の人

 介護保険の第1号被保険者となります。加入は市町村ごとですので、個別に手続きをする必要はありませんが、転入・転出する場合などは届出が必要です。
 介護保険被保険者証は、65歳以上のすべての人に交付されます。

40歳から64歳までの医療保険加入者

 介護護保険の第2号被保険者となります。加入は医療保険ごとですので、個別に手続きする必要はありません。介護保険被保険者証は、要介護・要支援の認定を受けた人に交付されます。