新型コロナウイルス感染症の相談窓口について

相談の流れ※最初は県民サポートセンターにご相談ください。 

市民の皆様1.県民サポートセンター(0570-783-770)→2.帰国者・接触者相談センター⇔帰国者・接触者外来 

1.埼玉県新型コロナウイルス感染症県民サポートセンター

一般的な相談のほか感染が疑われる場合には、専門外来につなぐ帰国者接触者相談センターをご紹介するなど新型コロナウイルス感染症に関するご相談に一元的に対応します。

電話:0570-783-770(24時間受付)

※聴覚に障がいのある方をはじめ、電話でのご相談が難しい方は、FAXをご利用ください。
(FAXによる御相談の場合は、回答までにお時間をいただく場合があります)

ご相談の際は相談用紙.pdf [91KB pdfファイル] をご使用ください。

埼玉県保健医療政策課

FAX:048-830-4808

朝霞保健所

FAX:048-461-0133

埼玉県新型コロナウイルス感染症県民サポートの設置について(埼玉県ホームページ) 

2.新型コロナウイルス感染症に関する帰国者・接触者相談窓口について

埼玉県では、下記の通り新型コロナウイルス感染症に関する帰国者・接触者相談センターを設置しています。

下記の帰国者・接触者相談センターにご相談いただく目安の(1)、(2)の症状がある方は、医療機関を受診すべきかどうかなどの対応を相談できます。

新型コロナウイルス感染症患者等との接触があった場合には、接触状況を含め御相談ください。

電話:048-762-8026(視覚障がいの方向けFAX番号:048-816-5801)

(FAXによる御相談の場合は、回答までにお時間をいただく場合があります)

相談時間:9時20分から16時40分まで(月曜から土曜日まで(祝日は除く))

帰国者・接触者相談センターにご相談いただく目安
  1. 風邪の症状や高熱が続いている方(解熱剤を飲み続けなければならない方も同様です)
  2. 強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある方

なお、以下のような方は重症化しやすいため、この状態が続く場合は、帰国者・接触者相談センターにご相談ください。

  • 高齢者
  • 糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD等)の基礎疾患がある方や透析を受けている方
  • 免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方 
妊婦の方へ

妊婦の方については、念のため、重症化しやすい方と同様に、早めに帰国者・接触者相談センターにご相談ください。 

お子様をお持ちの方へ

小児については、現時点で重症化しやすいとの報告はなく、新型コロナウイルス感染症については、目安どおりの対応をお願いします。

新型コロナウイルスに関する帰国者・接触者相談窓口の設置について(埼玉県ホームページ)  

厚生労働省コールセンター(9時から21時)

厚生労働省の電話相談窓口を設置しております。

電話:0120-565653(フリーダイヤル)
※土曜日、日曜日、祝日も実施
聴覚に障がいのある方や、電話での相談が難しい方

FAX:03-3595-2756