実質公債費比率

平成30年度決算 実質公債費比率 0.8% 

「実質的な借金返済額」が、「標準的な財政規模」のどれくらいを占めているか?ということを、全国一律の方法で計算したものです。
下水道事業などを含めた、市全体の借金返済の状況を分析することができます。

市の借金の状況についてはこちら

市の標準的な財政規模についてはこちら 

実質公債費比率

 

A・実質的な借金返済額 

  平成28年度 平成29年度 平成30年度
A・実質的な借金返済額 16億1,112万円 16億0,416万円 15億5,529万円


(実質的な借金返済額の内訳)
  平成28年度 平成29年度 平成30年度
純粋な借金返済額(一般財源等分)   9億6,990万円  10億8,016万円

  10億9,146万円

下水道への操出金のうち、借金返済額

6億1,231万円

5億0,368万円 4億3,491万円
一部事務組合への補助金のうち、借金返済額 2,256万円 1,410万円 2,892万円
その他、実質的な借金 635万円 622万円 0万円
 

B・標準的な財政規模 

  平成28年度 平成29年度 平成30年度
B・標準的な財政規模 139億4,333万円 138億9,824万円 142億2,397万円
 

C・交付税算入された公債費等 

  平成28年度 平成29年度 平成30年度
C・借金返済額のうち、交付税で措置される額  14億5,999万円  14億9,920万円  14億7,762万円

※公債費(借金の返済)等のうち、地方交付税により財政措置された額です。

 

実質公債費比率 

  平成28年度 平成29年度 平成30年度 平均
実質公債費比率 1.2% 0.8% 0.6% 0.8%