計画の目標

下水道整備を行い、安全で快適な生活の確保及び河川等の水質保全に寄与するために、機能の維持及び向上を図る。

計画の期間

平成30年度から平成34年度(5箇年)

防災対策の概要

管路施設

志木市内における公共下水道の総延長は、平成28年度末時点で汚水139km、雨水93kmに及んでいる。このうち、本計画では以下に示す優先的に地震対策が必要となる路線(計2.93km)を対象に耐震化を行う。

  1. 第一次特定緊急輸送路下に埋設されている管路
  2. 防災上重要度の高い市内27施設の防災拠点と県流域幹線を結ぶ管路施設のうち、被災による二次災害の影響が大きい、緊急輸送路下や河川・軌条下を横断している管路

ポンプ施設

志木中継ポンプ場および館第一排水ポンプ場を対象に、耐震化を実施する。

関連資料

 志木市下水道総合地震対策計画図.pdf [495KB pdfファイル] 

関連計画

社会資本総合整備計画

計画書 

志木市の未来を支えるまちづくりの実現(事前評価シート).pdf [64KB pdfファイル] 

志木市の未来を支えるまちづくりの実現(事前評価チェックシート).pdf [4KB pdfファイル] 

志木市の未来を支えるまちづくりの実現(整備計画).pdf [8KB pdfファイル]