現行計画の期間

平成30年度から31年度(2年間)

主たる根拠法令

成年後見制度の利用の促進に関する法律第23条第1項
志木市成年後見制度の利用を促進するための条例第6条

計画の概要

基本理念「権利と利益を市民とともに守る福祉のまち 志木」の実現ができるよう、後見制度の現状と課題解決に向けた、次の考え方による市の基本理念を実行するため、2年間の目標値を定めた計画です。

  1. 志木市は、地域連携ネットワークを柱に、住みなれた地域で安心して暮らし続けることができるよう、市民の権利や利益が守られるまちづくりを行います。
  2. 志木市は、人が最後まで人らしく生き、自らの尊厳と意思が尊重され生活が営めるまちづくりに向けて、成年後見制度の施策を進めます。
  3. 志木市は、地域共生社会に向けて、市民とともに支えあう地域づくりを進め、高齢者や障がい者、子どもに関する地域包括ケアの一環として、制度の利用が必要な人に積極的に成年後見制度の利用を促進します。
志木市成年後見制度利用促進基本計画

計画本編.pdf [3668KB pdfファイル] 

資料編.pdf [4041KB pdfファイル]