特別会計・企業会計とは

市の会計には、一般会計のほか一般会計と区別して設けられた特別会計と企業会計があります。
特別会計や企業会計は、市が特定の事業を行う場合に一般会計と区別して設置し、その特定の歳入をもって特定の歳出に充てるものです。

 

特別会計 平成28年度決算

会計名 歳入決算額

うち一般会計繰入金

歳出決算額
国民健康保険特別会計 96億9,941万円 5億5,187万円 90億2,457万円
志木駅東口地下駐車場事業特別会計 5,979万円 5,671万円
介護保険特別会計 40億7,926万円 6億2,893万円 38億2,835万円
後期高齢者医療特別会計 8億0,925万円 1億2,914万円 7億8,035万円


企業会計 平成28年度決算
水道事業会計                         
(1)営業収益  12億8,018万円
(2)営業費用   10億8,600万円
営業損益((1)-(2)) 1億9,418万円
(3)営業外収益

8,072万円

(4)営業外費用 6,807万円
経常損益(営業損益+(3)-(4)) 2億0,682万円
(5)特別利益 4万円
(6)特別損失 19万円
当年度純損益(経常損益+(5)-(6)) 2億0,667万円
前年度繰越利益剰余金 0万円
当年度未処理分利益剰余金 2億0,667万円

 

下水道事業会計
(1)営業収益 12億0,513万円
(2)営業費用 16億1,629万円
営業損益((1)-(2)) ▲4億1,116万円
(3)営業外収益 7億6,260万円
(4)営業外費用 1億8,566万円
経常損益(営業損益+(3)-(4)) 1億6,578万円
(5)特別利益 0万円
(6)特別損失 1,924万円
当年度純損益(経常損益+(5)-(6)) 1億4,654万円
前年度繰越欠損金 9億7,225万円
当年度未処理分利益剰余金 8億2,571万円