平成30年度当初予算編成過程の公開

市民の皆さまとの情報の共有に努め、開かれた行政を推進するために、予算編成の過程を公開します。

予算編成のスケジュール

内容 日程
予算編成方針を全庁に通知

10月3日

予算編成方針説明会

10月6日

予算見積書作成期間

10月10日から10月27日

予算ヒアリング・財政課長査定

11月上旬から12月下旬
財政課長査定結果通知 12月下旬
復活要求・軽易修正 12月下旬
総務部長査定 12月下旬
市長査定 1月上旬
市議会へ予算案を提出 2月

 

平成30年度一般会計当初要求額(平成29年12月28日公開)

平成30年度志木市一般会計当初予算の各部署からの予算要求額がまとまりましたので、概要を公開します。

一般会計においては、歳出予算要求額が約254億円であるのに対し、歳入予算見込み額が約213億円と、歳出と歳入の差額は約41億円となっています。
この差額を解消し、また、事業の内容をより効果的なものとするため、現在、予算の査定を行っています。

なお、査定状況の公開については、平成30年2月頃を予定しています。

※査定とは・・・予算の事業内容や積算を調査し、内容を精査した上で額を決定することです。

平成30年度一般会計当初予算査定の状況(平成30年2月20日公開)

予算の査定は、大きく分けて「第一次査定」と「最終査定」2段階で行われます。

第一次査定の流れ
  1. 事業担当課が予算額を積算し、予算要求を行います。
  2. 予算要求内容について、財政課が積算方法や事業量を見直し、査定を行います。
  3. 予算査定後の理由により、予算額の増減が必要となった場合の調整を行います。
    例:予算要求締切後に、国の制度等で定める単価等が変更となったもの
    第一次査定時には見込んでいなかった国の補助金など

一次査定の状況.pdf [500KB pdfファイル] 

最終査定の流れ
  1. 第1次査定の結果をもとに、事業担当部長が復活要求を行います。
  2. 復活要求をもとに、総務部長が査定を行います。
  3. 総務部長査定の結果をもとに、市長が査定を行います。
平成30年度当初予算の概要

平成30年度志木市予算及び事業概要説明.pdf [1358KB pdfファイル]