登録統計調査員の募集

志木市では、各種統計調査に従事していただく【登録統計調査員】を募集しています。

ご応募いただいた方は、志木市の統計調査員として登録させていただき、統計調査の仕事に従事していただくことになります。

随時、皆さまからの登録を受け付けています。

統計調査員とは

「統計調査」とは、統計法に基づいて行われるもので、国勢調査や経済センサス、工業統計調査など、年間に数回行われています。

統計調査対象である世帯や事業所などを訪問し、調査票を配布するとともに、調査票に正しく記入していただけるよう統計調査の趣旨や内容などについて説明を行い、記入された調査票の収集、点検、整理などをしていただく方を「統計調査員」といいます。

統計調査員について詳しくは、総務省ホームページをご覧ください。 

登録統計調査員とは

統計調査を実施するときに、あらかじめ登録している人の中から必要に応じた人数を選び、統計調査員として従事していただくものです。

登録すると、調査が実施される際に市から仕事の依頼させていただきます。 

仕事の内容

  1. 市が開催する調査員説明会への出席(調査書類を受け取り、調査の進め方や記入方法、調査員の心得などの説明を受けます。)
  2. 担当調査区の範囲と調査対象の確認(地図を見ながら担当調査区の境界を確認後、実際に現地を確かめます。)
  3. 調査票の配布と記入の依頼(調査対象へ調査票を配布し、記入の仕方の説明をします。)
  4. 記入済み調査票の回収
  5. 集めた調査票の検査、整理
  6. 調査関係書類の市役所への提出 

身分と待遇

  • 調査期間中(約2か月)は、非常勤の公務員となります。
  • 調査活動に従事した対価として報酬が支払われます。
    調査の内容や受持ちの件数によって異なりますが、おおむね2~5万円です。
  • 統計調査員が調査活動中に災害(交通事故など)に遭った場合は、法律や条例の規定に基づいて、公務災害補償が適用されます。
  • 功績の大きな調査員に対しては、国または県から表彰が行われます。 

応募資格

以下の条件を満たす方が、統計調査員になることができます。

  • 志木市に在住又は在勤の方で、満20歳以上70歳くらいまでの方
  • 責任を持って統計調査の仕事を行える方
  • 調査時に知り得た秘密を守ることができる方
    【統計調査には知り得た情報の秘密を守る義務(守秘義務)があります。】
  • 税務・警察・選挙に直接関係のない方
    【税務に関係する公務員、警察官、選挙(選挙活動等)に直接関係する方は統計調査員になることできません。】
  • 暴力団員その他の反社会的勢力に該当しない方 

申込について

申込方法
  1. 「登録統計調査員希望届」に必要事項を記入して、総務課へお電話または電子メールでご連絡ください。面接の日程を調整します。
    (希望届は市役所3階の総務課でも配布します。)
  2. 希望届を持って市役所3階の総務課までお越しください。
  3. 総務課にて簡単な面接を行います。(調査員に関する説明を中心とした内容です。)
  4. 内容を審査し、適格と認められた場合、登録となります。 
登録統計調査員希望届はこちらからダウンロード

登録統計調査員希望届 [19KB docxファイル] 

登録統計調査員希望届 [81KB pdfファイル]  

申込期間

随時行っています。 

その他注意点

  • 調査員の選任は、調査の規模、登録調査員の方のお住まいの地域の状況により異なりますので、統計調査の従事希望、担当区域については、ご希望に沿えないことがあります。
  • 調査の時期や規模が異なるため、必ずしも毎回調査を依頼されるわけではありません。
    そのため、恒常的な収入を見込める仕事ではありませんので、あらかじめご了承ください。
  • 1調査あたりの従事期間は、おおむね2か月程度です。
  • 統計法により、調査員には、秘密の保護が義務付けられており(守秘義務)、秘密を漏えいした場合などには、罰則が適用されることになっています。