市では、平成28年度からスタートする、今後の10年間のまちづくりの指針となる「志木市将来ビジョン(第五次志木市総合振興計画)」を策定しました。将来ビジョンは、これからの志木市をどのようにしていくのか、その方向性を描いたまちづくりの重要な指針となるものです。

この計画では、10年後の志木市を展望した、まちの将来像「市民力でつくる 未来へ続くふるさと 志木市 ~ずっと住み続けたい、住んでみたいまちをめざして~」の実現に向けて、「市民力が結集した夢のあるまちの創造」と「地域資源を活用した魅力の創造」をまちづくりの基本的な考え方として掲げ、5つの基本目標とあわせて、各分野が横断的に連携して取り組む4つの戦略プロジェクトに基づき、各種施策を計画的に展開していきます。

概要版

志木市将来ビジョン(第五次志木市総合振興計画)ダイジェスト版.pdf [10640KB pdfファイル] 

将来構想

表紙.pdf [562KB pdfファイル] 

頭書き.pdf [5873KB pdfファイル] 

目次.pdf [3076KB pdfファイル] 

1 将来ビジョンとは?.pdf [1236KB pdfファイル] 

2 志木市がおかれている状況.pdf [5561KB pdfファイル] 

3 まちづくりの主要課題.pdf [3412KB pdfファイル] 

4 志木市が目指すまちづくり.pdf [2359KB pdfファイル] 

5 将来像の実現に向けて.pdf [8671KB pdfファイル] 

現行計画の期間

平成28年度から平成37年度まで

実現計画

成果指標の進捗状況

前期実現計画の基本的施策で設定する成果指標は83項目あります。達成しているものは25項目でした。

地区ビジョン 

資料編

実行計画

市民意識調査結果

平成26年度に実施した市民意識調査の結果はこちらです。